【痴漢】浴衣で最終電車に乗ったらサラリーマンが耳元に息をフーと吹きかけてきた

夏休みに家から電車で
一時間くらいの友達の家に2泊3日して遊びました

帰る日、花火大会があったので
浴衣を着付けてもらって花火大会に行きました

そして、浴衣のまま
最終電車で帰ることになりました

電車は始め結構人もいたんだけど、
2駅くらいでほとんどの人が降りてしまって、
車両には私と、私の斜め向かい(
といっても随分遠いところだけど)に
赤い帽子を目深に被ってアイマスク代わりにしている
10代くらいの男の子だけに

そのうち、停車駅でサラリーマン風の
30代半ばくらいのおじさんが乗ってきました。

男性はがら空きの車両にもかかわらず、
何故か私のすぐ右となりに座ってくる

「こんなに空いてるのに、イヤだな」

なんて思っていたら、男性は

「はぁ」

と大きくため息をつきながら
自分の両腕を背もたれの窓枠の桟にかけました。

左手は私の背中の後ろ。

何だか気持ち悪くなって立ち上がろうとしたけど、

露骨に嫌がるのもマズイかなぁと思って、
立ち上がる頃合いを見計らっていたら、

その男性は窓枠に掛けていた
左手を私の背中にかすかに
触れながらスっと下ろして触ってきた

私は背中は特に敏感なので予告もなく
そんなことされて思わず「あっ」と声を
出してしまいました。

男性はその声で私が喜んでると勘違いしたのか、
何度も何度も背中に触れてエスカレートして
痴漢してくる

私はされるがま

背中を触られるとじっとしていられないので
背中をくねらせながら耐えました。

「止めてください」

と言えば止めたのかもしれませんが、
最初に声をあげたのは私だし、
白々しくとられるのでは

と思い何も言えませんでした。

そのうち同じ車両にいた
赤い帽子の男性も電車を降りたので、
男性は本格的に触ってきました。

背中にしか触れていなかった
手を太股の上において来ました。

今更抵抗することも出来ずされるがまま

途中車掌さんが切符の確認に来ましたが、
私たちが密着して座っているのをみて
普通のカップルと思った様

特に不振そうな感じもなく去ってしまいました。

太股を触られ、恥ずかしさのあまり顔を背けると、
男性は私の首筋や耳にフーフーと息をかけてくる痴漢サラリーマン

心地いいタバコの香りになんだかおかしな気持ちになり、
吐息がもれました。

男性はそれに自信をつけたように私の浴衣の裾をめくって
直に太股に触れました。

そこでハッと我に返りました。友人の薦めもあり、
私の浴衣のしたは下着をつけていなかったんです。

こんなこと知られたら、
私は本気で痴女だと思われてしまう!

と思い、太股より上を触られないよう
抵抗したのですが、優しく優しくふれられ、
背中を愛撫され、もはや抵抗なんて
する気も失せていました。

男性の手が浴衣の奥に伸び、
私の一番敏感な所を痴漢してくる

男性は私が下着をつけていなかったことに
少し驚いたようでしたが、
すぐに何事もなかった様に動きを再開させました。

さっきからの愛撫でもうすでに
マン汁が溢れでて、おまんこは濡れ濡れ状態

恥ずかしくて恥ずかしくて、
自分が気持ち悪いのかいいのかも分からなくなり
痴漢サラリーマンにされるがままでした。

イキそうになったりもするのですが、
男性は駅が近づくたび、誰かが乗車してくるのを

おそれてか、手を止めてしまうので
不完全燃焼で気が変になりそうでした。

私は自分が降りる駅も通り過ぎたというのに
その男性から離れることが出来なくなっていました。

男性は自分が降りる駅で私を誘い、
私は素直に従いました。

駅から男性の車に乗り、
お互いほとんど言葉もなくホテルに行ったのですが

あいにくその日は週末。

田舎のホテルはどこも満室で入れなかったので、
続きは車の中でカーセックス

私の初めての痴漢体験で
まさか痴漢についていきSEXまでするなんて
思いもしませんでした

私は田舎者なので満員電車なんて経験無いし、
痴漢なんて一生あうこともない

って思ってました。男性経験も少なかったので、
自分がこんな痴女みたいに大胆ではしたないことを
出来るとは思ってもみませんでした。

相手の容姿もまあまあだったのも
抵抗しなかった理由の一つかな。

結局カーセックスの後、浴衣が乱れたので
持っていた洋服に着替えて、男性に私が降りるはずだった
駅まで送ってもらいましたよ

あれ以来その痴漢サラリーマンとは
会っていませんが、今でも忘れられない
エッチな思い出です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。