お兄ちゃんに無理やりフェラチオさせられた

変態お兄ちゃんに襲われたのは
私が中学生の時です

私がお風呂に入っていると
脱衣場でごそごそ音がしてたのです

その時はまさか兄だと思わずに
ママかな?

と気にはとめず湯船につかっていました

いつもは4,50分は入るのですが
その日は見たいテレビがあったので早く出ました

20分ぐらい経ち湯船から出て
タオルを巻き扉をあけると
なんと変態お兄ちゃんが脱衣所にいました

「お、お兄ちゃんなにしてるのよ?
覗いてたの?」

と私はとっさにタオルを抑えました

「覗いてはないよそれにA(私)今日は出るの早いな」

「今日見たいテレビあるから」

よくお兄ちゃんを見ると
下半身裸で何か持っていた

「お兄ちゃんそれ私のパンツじゃんなんで持ってるのよ」

「こ、これは」

「それに下半身裸だし」

「Aごめんの俺お前のことが好きなんだ」

お兄ちゃんは突然私押し倒すと
タオルを強引に取られた

「お兄ちゃんやめて何するのよ」

お兄ちゃんは私の胸を両手で揉み始めた

「も~ママ~助けて」

と助けを呼んでもお風呂からは聞こえない

私の家のお風呂は離れにありママには聞こえないんです

おそらくお兄ちゃんはそこを利用したのだと思う

このままじゃお兄ちゃんに
レイプされると思って
私は首を横に振り必死に抵抗した

その時私は落ちている自分のパンツを見て思った

お兄ちゃんは私のパンツで
オナニーをしてたと言う事がわかった

「ちょっともうやめて」

変態お兄ちゃんは

「うるさい これでも咥えてろ」

とアソコを私の口に入れてきた

私はそのまま無理やりフェラをさせられた

私の目には涙がたまっていた

お兄ちゃんは私にフェらをさせながら
私のアソコを刺激してきた

「どうだ気持ち良いか?」

私は首を横に振った

お兄ちゃんの刺激を与える手が激しさを増した

「きゃ~~~~」

私の悲鳴ともに恥ずかしい話ですけど
潮吹きしちゃっったんです

「おぉぉ~~そんなに気持ち良かったか?」

私は目を背けて泣いていた

「そろそろ入れるか」

お兄ちゃんは私のアソコに
お兄ちゃんのアソコを持って行った

「いくよ」

お兄ちゃんはとうとう挿入して
近親相姦レイプしてきたんです

腰を振り上下に動かしていった

「痛いよ抜いて」

「じきになれるって心配するな」

と私のことはお構いなしだった

「A気持ち良いよ」

とお兄ちゃんはやめてくれる気配なしだった

次第にお兄ちゃんの様子は変わり

「A出るよ 中に出すよ」

「お、お兄ちゃんなかには出さないで」

と泣いて頼んだ時

時すでに遅しで
変態お兄ちゃんに勝手に中出しされたんです

「お兄ちゃんのバカ中にはしないでって言ったのに」

「そう怒るなよ ほら全部吸い取って」

と私の口にアソコを持ってきて
また無理やりフェラチオさせられて
全部吸い取らされた

「これは内緒な」

と言いお兄ちゃんは服を着てお風呂から出て行った

私も体を洗い流し服を着てお風呂を出た

私は心配をかけたりしたくなかったので
両親には言えず・・
お兄ちゃんにレイプされたのは
誰にもいったことがありません・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。