上品な60歳義母をレイプ

会った瞬間、この女性と結婚するって思い
運命の相手で、会って半年のスピード婚でした

本当はもうちょっと後に結婚を考えていたんですが
妻の父の為に早く結婚したんです

義父は体がよくないので
早く娘のウエディング姿を見たいということです

で結婚後1年ほどで義父は他界したんです

妻の実家は田舎の大きな家ということで
僕達夫婦とチビがその家に入りました。

そんな義父の気持ちを思うと
申し訳なくもありますが

実は60歳の義母と近親相姦しているんです

還暦義母とは仲がよく
家なんかでお酒なども飲む感じです

まぁ嫁がお酒が駄目で
飲まないのでね

嫁がチビを連れて友達やその子供連れで
宿泊施設に泊まった夜でした。

僕は友達と居酒屋で飲食して家に帰りました。

還暦義母はお酒を飲んでおり
(毎日ではなく時々飲む程度ですよ)僕も飲む事にしました。

テレビを見ながら飲んでました。

おもしろおかしく討論する番組で
既婚女性のことで盛り上がってました。

その番組の中で浮気率が出ており確か3割でした。

義母が「そんな多いの?」と僕を見ていいました。

「今は携帯もあるしね、
出会い系なんかもあるし そんなものかも」

と答えました。

お酒の勢いもあり

「お義母さんは浮気あるの?」

と聞くと

「ないわよ、私の時代は職場で
知り合うのが多いから今とは違うわね」と言いました。

「でも今独身だから彼氏いてもいいじゃない?」

と言うと

「こんな60歳のお婆さんに何言ってるの」

と笑われました。

お風呂上りの義母が色っぽく見えました。

「そうかな?僕なら大歓迎だけど」

と言うと

「嬉しいわね~でも結花(嫁の名前)の旦那さんじゃない」
とまた大笑いでした。

お酒も入り理性を失ってきたことがわかりました。

品のいい顔立ちでスリム、
そして明るい義母が目の前にいるのです。

「一回してみる?」

「え?え?馬鹿なことを」と今度は笑わずに言われました。
僕は義母にせまりました。

「え?何を?ダメだからほんとうに・・」

パジャマのようなズボンを脱がせようとすると逃げ回りました。
パジャマと下着を強引に同時に
逃がせると白いお尻と陰毛がちらりと見えました。

ここまできたら引けません

還暦義母を押さえつけるようにして
オマンコを触り指を入れ手マンレイプ

「ダメ・・ダメ、やめなさい」

小さな声でした。

そしてふと義母の力が抜けたのです。

僕はゆっくり指を出し入れしました。

義母は手で顔を隠してなすがままです。
そのまま覆いかぶさり挿入して
義母相姦レイプ

「うっうっ」

と単発の声が聞こえました。

挿入部と見ると僕のものが義母の液で濡れてました。

僕の手で全裸にされ足を抱えあげて義母を抱きます。

「一回だけね、これで最後だから」

と言われました。

義母の女の声が聞こえてきました

聞いたことのない義母の感じるエロい声です。

「中でだしていいわよ、
でも今日だけの関係よ、おねがい」

僕は義母の中に熱い精子を注ぎました。

ぐったりした義母は起き上がるとオマンコを
抑えながら風呂場に行きました

汚れた部分を洗い流すのでしょう。

義母はお風呂場からでると
そのまま自分部屋に戻りました。

僕も体を流しに風呂場へと向かいました。

風呂場から出ると義母の部屋へと向かいました。

ぼんやりとテレビを見てる義母。

僕が近寄ると「今夜だけだから・・」

全裸で抱き合いました。

お互い舐めあい見合い69

義母のオマンコは綺麗なものでした。

そしてアナルは薄い茶色です。

バックからすると女の声が漏れ始めたのです。

「ああ~内緒だから内緒よ、今夜だけの・・・」

激しく出し入れすると(ブブッ、バフッブブッ)と
膣から音がします。

「ああ恥ずかしいわ・・」

そしてまた義母の膣奥に精子を注ぎ
二度目の膣内射精

夢のような夜でした。

でも一夜だけの関係で終わるわけもありません、
密かに還暦義母との秘密の関係がはじまったのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。