セフレのぽっちゃり巨乳ギャルとソフトSM

数年前ぐらい前のエロ体験談なんですが
友達にネットナンパが得意なヤツがいて
そいつが「ここはアツい!」と教えてくれた
セフレ掲示板があった

そのネットナンパ師の友人曰く
かなりの確率でセフレと言っていたが
でも最初は俺は信じていなかった

そもそもセフレと言う存在自体を
当時、ウブだった俺は信じていなかった

そんな都合の良い女がこの世にいるはずないと

男である俺からしてみるといつでも好きな時に
セックスが出来るなんてありがたいし
セフレとして俺のことを見てくれる女がいれば
誰であろうとセフレになる

でも女からしてみるとどうなんだろう

女というものはそんなにセックスに飢えているのだろうか。

こんなにもセックスをしたがっているのは男だけなんじゃないか。

だから女からすると
セフレなんかいらないんじゃないか

俺は女のセックスに対する考えは
この程度だと思っていた

でも男してやっぱりセフレという存在は
ほっとけないよ~って感じ

だから俺は検証を兼ねて
セフレ掲示板を使ってみることにした

友達はこれでセフレが3人できたと言っているし、
他の奴も2人は堅いと言っている

さっそく使った結果だが、
その噂のセフレ掲示板は使わないほうが良い

みんなはセフレが3人できた

2人は堅いと言っていたが完全に嘘だ

俺にはセフレが1人しかできなかった。

本当は2~3人できてその体験談を書きたかったのに
セフレが1人しかできないなんて・・・

とりあえずどんないきさつでセフレになったか書いてみる。

俺はセフレ掲示板で、

「彼女がいます。
それでもいいって方連絡待っています」

こんなかんじで書き込みをした

しばらくしてスマホを見ると1人の女から
連絡があっていて、すぐさま返信

その女も彼氏がいるとのこと。

セフレ希望を出している理由は、
彼氏とのセックスレスとセフレに興味があるらしい

俺はお金がかからないようにすぐにラインを
交換していつでも連絡が取れるようにした
それからは女のラインが何かしら送ってきた。

趣味から好きな食べ物、アルコールのこと、
他にも好きな体位やプレイの話題もどんどん話すようになってきた。

やっぱりセフレというのはセックスの相性がいい相手を
セフレとするようなのでそんな話が当たり前のように出てくる

俺は相手の様子を伺い相手が好きそうなプレイを
自分の得意プレイのように言った

すると相手はどんどん俺に興味を示しだし、
自分から会いたいと言ってきた。

友達曰くここまでは簡単らしい。
あとは相手の気持ちのいいことをどれだけして満足させられるかにかかっている。

待ち合わせの場所に着くとすでに女は来ていた。
俺はどんなにデブでもブスでも一度セフレを作ってみたいという考えだった。
予想とは逆に女は普通より可愛く、スタイルもぽっちゃりとまでいかない肉付き、そして確実に巨乳。

もしこの女がセフレになるなら最高だと思った。
ラインのやり取りですぐにホテルに行くことは決まっていたし、話題も尽きなかった。
ホテルまでの道中は楽しく過ごせた。

ホテルに着くと女は豹変したように俺に甘えてくる

やたらと自慢の巨乳を俺にくっつけて来たり、
甘い声をだしたり、上目遣いをしてくるビッチギャル

俺はエレベーターで持参の目隠しを女にして、
エレベーターの中で手マンをした。

女はびっくりしていたがソフトSMがしたいと
言っていたのですぐにハァハァ言い出した

俺はぽっちゃりマゾ女にローターを仕込んだまま部屋まで行った。

部屋に入るなりその場に座らせ強引に
俺の息子を女の口にねじ込んだ

頭を両手でつかみ腰を思いっきり振った。
女は涎を垂らしながら苦しそうにしていた。

俺はローターを自分でいじらせながら何度も
腰を振り射精の瞬間目隠しを外し顔にぶっかけてやった

そのままお掃除フェラをさせ、今度は俺が一服している間オナニーをさせた。

女はこんなことされているのに嬉しそうに気持ちよくなっている。
まぁ普段こんなことする相手を見つけるのは難しいのだろう。
だからセフレ掲示板で理想の相手を見つけているんだろう。

一服終わるころにはその女の変態な行動に俺も元気を取り戻し、女のもとへ。

目隠しをしたままローターで遊んでいる女に、おもむろに生挿入。
生はダメという女を無視してそのままガン突き。
女もローターをクリにあてることはやめない。
女を乱暴にバックの体勢にさせ後ろからガン突き。

その時ケツを何回も叩いたので女のケツは真っ赤になっていた。
女は叩くたびにもっともっとと言ってくる。
かなりのドМのようだ。
俺は女の頭とおっぱいを鷲掴みにして思いっきり中出ししてやった。

女もその間に何回か言ったようでビクンビクンしながら動かない。
俺は精子まみれの息子を女の顔にこすったあと口にいれ綺麗にさせた。

こんなプレイでセフレが出来るとは思わなかったが、
もうどうせなら欲望のままにセックスをしようと思った

でもその結果女は俺に
セフレになってほしいと言ってきた。

こんな普段できないことを女は求めているんだなと思った。

今も週一でセフレと会い思う存分セフレをいたぶって楽しんでいる。

でも俺は周りが2人はセフレが作れるとか
言って1人しかできなくて
男して負けた感じがして悔しかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。