【恋愛胸糞話】別れの場に男を連れてきた彼女

大学時代から付き合って彼女が
結婚した

俺が彼女と結婚ではなく・・・

彼女が結婚したのだ

彼女の結婚相手は彼女の上司・・・

彼女を二股をかけいて
上司寝取られてしまったのだ

聡美と別れた日を俺は
一生忘れられないだろう

その最後に日

彼女に呼び出されてファミレスに行くと
彼女の隣に見知らぬ男がいたのだ

「話があるから来てくれない?」

と電話からヤバイ雰囲気が伝わってきていたが
それでも5年目を付き合っていた彼女だ

俺に気のせいだ

彼女を信じようと思っていたが
厳しい現実が待っていた

彼女と男が隣同士で座り
向かうように俺は座った

そして、俺が口を開く瞬間
男が先に言ってきた

「聡美と今度結婚する事になったから
君とは別れてもらう事になる」

男ははっきりとした口調で告げてきて
唖然とする俺にさらに畳み掛けてくる

「聡美がどうしても自分の口から言えないっていうから
今日は私も来たんです。
聡美と別れてくれますね?」

男は念を押すように言ってくるのだ

「聡美・・・ちょっとまってよ
まずこいつ誰だよ」

俺が聡美に聞くも男が答える

「私は聡美の上司です」

「お前に聞いてないよ
聡美答えろよ」

怒りで俺が大声をあげると
聡美は泣き出してしまうのだ

泣きたいのはこっちだよ

何で男連れできたんだよ

俺は怒りで狂いそうだった

そんな俺に男に喧嘩をうってくる

「怒鳴ってもしょうがないだろ
いくら怒ったってもう別れるしかないんだから」

「お前に聞いてねえええよ
聡美に聞いてんだよ」

ファミレスで怒鳴り男二人と女一人

周囲の客はこの修羅場を楽しそうに見つめているが
俺には周囲の事を気遣う余裕なんてなかった

そして聡美がようやく口を開いたのだ

「ごめん、結婚するから別れて・・・」

それだけ言うと聡美はファミレスから
逃げるように出ていき
男も聡美を追うように出ていってしまった

一人残された惨めな俺

一瞬でも早くこの場を立ち去りたいと
俺はファミレスから出ていこうとすると
店員が物凄く申し訳なさそうに言ってくる

「あのお会計お願います・・・」

「俺は何も頼んでないぞ」

「でも・・・一緒にお席にいた方の分が・・・」

「俺には関係ないだろおおお」

「でも一緒にいましたし・・・
お支払してもらわないと・・・困るんです・・・」

店員さんもさっきの修羅場は
当然見ていて知っているためか
異常な程低姿勢で言ってくるのだ

発狂しそうになりながら俺は
財布から1000円を投げ捨て
店から出ていったのだ

彼女を取られ、奢らされたあの日の事を
俺は一生忘れない

金ぐらい払っていけよおおおおおお
マジでえええええええええ

今思い出しても胸糞悪くなります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。