小学生で彼女とHして脱童貞するマセガキの投稿!羨ましすぎてけしからんぞwwwww

無邪気だった小学生だった僕は
ただの好奇心から小6の時に
同級生の女の子と初体験して
童貞打開してしまいました

両親は共働きで鍵っ子の一人っ子でした

 ある日ぼくは小学一年生から好きだった
Yちゃんに告白

 するとYちゃんは、顔を真っ赤にして

「あたしも」

と、言って来ました。

なのでぼくは、

「今日うちだれもいないから遊びにいてよ」

というと、Yちゃんは顔を真っ赤にしながら

「いいよ」

と、言ってくれました。

 それは、朝だったので学校が終わるまで
ずっと彼女になったYちゃんのことしか考えていませんでした。

 そして、家に帰っていしばらくすると
Yちゃんが来ました。

 ぼくは、Yちゃんを部屋に連れていきました。

 最初は先生の話とかしてたんだけどYちゃんが、

「そろそろHしない」

と、言ってきたので

「Hしようか」

と、無邪気に答えました。

 そしてぼくは、Yちゃんの服を脱がせました

するとjs6年ながら早熟で性知識が豊富なYちゃんが、

「オナニーしていい」

と言ったので

「見せて」

とはりきって言いました。

 するとYちゃんは

「あっっあ~ん」

とHな声を出しながら
気持ちよさそうにオナニーしている

 なのでぼくは、

「ぼくも気持ちくして」

と言うと

「脱いで」

とYちゃんは言いました。

ぼくが脱ぐといきなりフェラ

 気持ちよすぎたのでぼくも
Yちゃんのピンク色のマンスジを舐めまくりました。

するといっぱいHなお汁がでてきて大興奮

 そしてぼくが、

「入れていい」

と言うとYちゃんは、

「入れて」

とかわいい声で言いました。

 そしてブシュっといれると

「あ~ん。痛いよやめて~」

と大きな声で言いました。

 しかしそれにかまわずHしていると
Yちゃんは気持ちよくなってきたみたいで

「もっとやって」

といいました。

Yちゃんは本当にエッチなjs6年生

 本当にに嬉しくなって5回もHしちゃいました。

するとぼくはだんだん出そうになってきて

「やばいからぬくよ」

って言うと

「かまわないからそのままやって」

と言ってきました。

 そしてついに精射

「子供生まれたらどうしよう」

なんて言いながらぼくの初体験は終わりました。

 幸いなことに子供は産まれませんでした。

早熟なjs6年生な彼女と付き合って
あっさりセックスしたんです

彼女の可愛いロリおっぱいや
ピンク色のマンスジは忘れられません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。