仕事一筋のウブな女上司を調教したり、修羅場が起きたり色々大変なんだよ

俺の直属の上司は、
熟女な女上司なんです

ある日、営業先で、
仕事が伸びに伸びで超残業

ようやく仕事が無事終わり
女上司の課長と俺が酒付きの食事をした後、
タクシーに一緒に乗って帰宅していた

本当にハードな一日で気難しい営業先からの
緊急トラブルで何とか解決

30時間近くにも及ぶ不眠不休でハードワークした状態で
酒を飲んでしまい、軽いトランス状態で車に乗り込んだ

女上司の家を経由して
自宅へという経路だったのだが、
走り出してすぐ耳に

「今日は本当にありがとう。助かったよ」

前の方の言葉はあったとしても
後の弱々しい響きの言葉が
キャリウーマンな女上司の口から出るなんてことが信じられず
朦朧としてる自分が勝手な脳内変換してしまったのかと思わず
顔を隣に向けると真っ直ぐ
俺の顔を見る目がウルウルしてる

それは部下に指示を出したり注意したりしてる
いつもの仕事モードの目ではなく完全な女モードのそれ。

客先着くなりその担当者に怒鳴り続けられたことからの開放と
睡眠不足と急に入れた酒が
俺同様やっぱり彼女をも壊してたんだと思う。

ボーとしてた頭が瞬間覚醒した。

「ヤバイ!」

当時の若気の至りで、彼女はいるけど1年先輩女子(婚約者がいるので安心)と
1年後輩女子(互いにセフレと割り切ってるので安心)とも
付き合っててそっち方面には自信のあった俺に
危険フラグが勃ってしまった

正面を向き直して

「イエ大丈夫です」

みたいなわけのわからない返事をして
寝たふりを決め込んだ。

実はこれまで何度もこの某有名美人熟女優に
そっくりの女上司を犯すという妄想(もちろん1人H用のおかずとして)を
していた俺にとっても現実には
絶対ありえないことだからこそありのそれだったわけで
突然飛び込んできたその妄想が
もしかして実現しそうな状況に驚いてしまったんだと思う。

目は瞑っているけど
胸はバクバクしててとても眠れない。

言葉も発しないまましばらく時間が経った。

それが1分ぐらいだったのか5分、10分だったのか

突然シートに置いてた右手の小指に冷たい感触があり、
それがバック等ではなく生肌だと本能的に感じたんだと思う。

そしてそれは多分女上司の方が
意識して触れてきたんだと思ってる(と思いたい)。

俺は脊髄反射的に
女上司の手の甲の上に自分の手を被せてしまった。

一般的には握ったという状態

今考えると凄いことやっちゃった

社長でさえ一目置いてたり役員管理職達に
言葉遣いまで気を使わせてしまうような女上司に
勢いとはいえそんなことしてしまったわけで。

実はこのあたりはどんな気持ちで
動いたとか反応したという記憶は無い。

書いてみればこうだったんじゃないかなという
想像のみの話。

ビクッという反応で一瞬手を引き抜こうとした
女上司の動きをギュッと強く握ることで制御してしまった俺

もう言い訳できない

明確な意思表示

しかし、それからはもう何事も起きなかった。

というか起こせなかったはず

俺の方からの何らかの動きというのは
掌の汗だけだったと思う

手の水分が無くなるんじゃないかと思うほど
流れ出てた。

それから女上司の家まではどれぐらい時間かかったのかは
覚えてないが到着時には何故か
お互いの手の平というか指が恋人合わせ(合掌)してた。

俺からは行動起こせなかったと
書いたのにそんな状態になってたのはもう説明つかない。

もう1つ覚えてるのは運転手へのもの凄い背徳感。

明らかに上司と部下の会話をして乗り込んだ
2人が今沈黙して手を絡ませあって恋人ごっこしてる。

それも相手はあのカリスマ女上司。

もちろんその状態や葛藤が見えてるわけが無い運転手に
見透かされてるかのような感覚が背中をゾクゾクさせてた。

そろそろ着きそうというあたりで感じてた乗車時に

「○○で1人降りて○○で1人降ります」

と言ってた2人はどうするんだろという漠然とし
た不安は到着時消し飛んだ。

女上司の方が

「ゴメンナサイ、ここで2人とも降りますね」

と言い放ちそのまま俺を先に降ろして
運転手に1万円渡し数千円あったお釣りを

「お釣りは結構です」

と一言

決して明らかな情事モードになってたわけでもなく
ただ酒の乗りで手を繋いだだけの関係とも言えるわけで
下手をしたら手だけ振りほどかれて

「じゃあ気をつけてね」

とサヨナラされることも充分覚悟していた俺には
その姿の凛々しいことやら眩しいことやらと
これで今日は決まりなんだ

というまな板の恋の心境が

今良く考えたらなんで後に降りる予定の俺が
降車ドア側だったんだろという
素朴な疑問は残るがそれは今更どうでも良いこと。

書きたかったのはココまで

本来本番となるはずのその後にはあんまり強い印象が無い。

「汚れてるからね」

と言われて入った部屋は会社での仕事同様、
今掃除が終わったばかりのようにピカピカ。

どこまでも隙の無い女上司に改めて身震いし、
もう一度2人で酒を流し込み、
シャワー、ベッド

落ちになるかもしれないが
彼女は未経験者ではないんだけどという程度の女性だった。

印象の無いのは多分そのせいと
やっぱり俺が年下(といってもそれほど離れてないんだけど)の部下であるという
理由だったと思うが行為そのものはソフトに終了した。

この日は

行為中or後で一番覚えてるのは

「○○君、○○さん(1年後輩の方)と付き合ってるの?」

という言葉。

この車の中での数十分の青臭い葛藤や興奮は
もう2度と経験できないんだろうな

というセツナイ思い出です。

思い出としてそのタクシー内の朦朧と
葛藤とバクバクドキドキとがあまりに強烈でどうしてもどっかに
書いておきたくなりエロ無しの中途半端になりました。

スイマセン。

その日は前述しましたように1回目だったり
ビックリするほどのオボコだったりしたために
(当然マグロ)本当に処女を相手にするように扱いました。

初めての女の扱いには慣れてたつもりだったけど、
まさか年上上司でよくこんな人が俺みたいな男を
自宅のベッドに誘い込んだもんだと信じられないような
相手でしたからより慎重にもなってしまいました。

そしてもちろんその後もありました。

最終的に俺は業界で一流といわれるレベルにしてもらい
俺が彼女をそっち方面で年相応というか仕事同様のレベルにしてあげたと思ってます。

等価交換というわけにはいかないと思いますけどw

今はもう身体の関係はありませんが
たまに電話で話することはあります。

現在は私が客という立場になっていますが
いろいろとお世話になったこともあり
そうそう頭は上がりません。

書いてて当時の社内セフレの1年先輩後輩他との
確執や修羅場等々が蘇ってきて
良くあんなことしてたな?とちょっと恐ろしくなってしまってます。

ちなみに女上司プロフィールは

168cm52kg34歳(当時)Dカップとあまり大きくは
無いがスタイルはかなり良い方だと思う。

肩書きは課長だが実質は部門の統括マネージャー。

前職は某大手の秘書課だったとのこと。

風貌は前述したように某美人熟女優そっくり

実際に間違えられた場面に俺自身が遭遇したことあり。

男性経験は1人

それも学生時代。

回数は極端に少ない(言わないがはず)。

声「ウッ・」「アッ・」とか自ら押し殺してしまい
貧乏学生アパートでのプレイのよう。

体位も

フェラなんかしたこさえない
ウブで乙女な熟女な女上司

俺との最初も歯は閉じてみたいな

上で書いた1回目はもちろん↑の状態。

俺としてはエッ!?って感じで腫れ物に触るようにして終了。

書いてきた当日の流れやこの人ぐらいの経験なら
2日間風呂にも入らないモノでさえシャワーも浴びずに
咥え込まれるような展開も考えていたのにまるで
見合い結婚の新婚初夜のよう(どっちも経験無いけど)。

挿入時は痛がる素振りさえ見せられてしまい

(当然だね、10年近くぶりだったんだから)

俺的には引き気味に終了したという感じだった。

その前後に件の「○○君、○○さんと」の質問があり、
それに沈黙してる俺の答えを理解しただろう

彼女とのこれ以上の関係は終わりだと思ってた。

それどころか自宅に戻ってからは
これから会社でどうなるんだろうかという
悩みまで抱えたツラ?イ代休+週末を過ごした。

実際に出勤してからは何事も無かったように
以前とまったく変わりの無い上司と部下の関係に戻ってたけど。

それから1ヶ月ぐらい後に食事に誘われるまでは。

そこまで彼女にも彼女なりの葛藤があったんだろうと思う。

その日もいろいろとあることはあったけど
(長くばかりなるので省略)次の日の朝には上司と
部下というより女と男の関係の方が強くなってたんだと思う

1年後輩さんとは真剣な付き合いではないことだけを伝えたが
強いて付き合ってる彼女のことや1年先輩さんのことまでは言わなかったから
ありだったわけでそれが結果的には正解だった。

と初回の話と付き合いだしたきっかけみたいな話でした。

これ以上長くならないように彼女に施した開発と
調教(実際はそんなんじゃないけど
こう書いた方がエロイので)結果を書き出します。

その年齢まで↑だった妙齢女性が
経験出来たこととして俺は結構良い先生だった思う。

正常位がやっとだった女上司が
ほぼ全ての体位を網羅(さすがにしゃちほこはしないけどw)。

特に後背と騎乗と対面座位の腰の動きは
プロ並みの技を調教し修得させたつもり。

声もあのアッウッじゃなく
その音だけでも仕事できそうな高さと大きさを身に付けたくれた。

フェラはそれこそ30時間徹夜後でも
お掃除でも舌&喉&頬&音響効果付き技を修得。

もちろん最終的に剃毛やAや露出というような
マニアックな通常プレイは基本科目になってたけど
それでも初めに自分の上司にそれをさせる時はかなり躊躇いがあった。

上は男と女なら当たり前だけど
上司と部下だからありというものでは場所だと
会議室のテーブルや同僚も一緒の出張ホテルや
研修会場やプレイだとノーパンやおもちゃ等々のAVバージョンみたいなやつ

俺が結構好きだったのは最中に
他の社員をイメージさせるプレイ。

チビデブハゲみたいなオヤジ役員やどうしようもない
新人社員の名前を連呼させながらの行為は
本人の抵抗が非常に強くその分興奮した

特にそのダメ男を叱ったり会議で
ぶつかったりした時には実に有効活用出来た。

「○○専務?」「○○ク?ン」

ってのそれとこれは絶対に本人に内緒だったんだけど
1年先輩さんと彼女がライバル的なポジション(格は全然違うけど)に
なり俺に対して互いの中傷が酷いことになった。

うんざりしてた俺は片方とHしたそのままで
片方の家にお泊り(逆のお泊り後訪問も)し乾いてこそいるが
ライバルの汁付きのモノを何度か舐めさせたことがある

内緒なのは当然だね

相手のを飲むと仲良くなってくれるかと思って

というのはウソだけど

ただやっぱり仕事的には
当然ながらも支障も出てきました。

こんなことやってる(やらせてる)部下がそうそう
素直に言う事聞かなくなるに決まってるし、
割り切ってスタートしたはずの彼女だって本気モードに突入してきたり、
俺は俺でどんどん昇進していって
同格になっていったり、噂にもなったり、
そんな流れで1年先輩や1年後輩との確執も出てきたり、
他の女も現れたり、マジカノとの結婚話が出てきたりと
そんなこんなで自然消滅という流れを作り出しました。

それはそれで修羅場になって大変だったけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。