息子の友達に夜這いされた母はダブーを犯し、男子中学生×おばさんの恋愛関係に

墓場まで持っていくつもりの
秘密のHな体験があるんです

その秘密とは”息子の友達とHしていまい
肉体、そして恋愛関係を持ってしまったんです

私は、40歳のバツイチシングルマザーで
出産するまで中学校で数学教師をしていて
離婚後は、学習塾の講師の仕事についてます

私は教員になった当初、
既に息子を身篭っていて、
22歳で大学時代から付き合っていた同級生と結婚し、
半年後には息子を出産しました。

旦那と息子と私の3人暮らしは、
派手ではないものの、特別な不満はありませんでした

幸せな普通の日常が変わり始めたのは、
確か息子が12歳になる直前

ある日を堺に
突然、旦那との夫婦の営みが
淡白になりました。

それまでは週1回以上続いていたのに、
回数が激減したばかりか、
セックスの最中も旦那は乗り気ではなさそうで、
手短に済まされて終わりました。

そして、息子が小学校を卒業する頃には、
完全にセックスレスに陥りました。

私は若い頃の性的魅力は褪せ始めていたけれど、
気持ちは若い頃より性欲が増していて、
まさにやりたい盛りの熟女なお年ごろ

セックスレスは耐え難いものでした。

仕事場の職員用トイレで、
オナニーをして気持ちを抑える事もありました。

そんな頃でした。

夏休みに中学1年生の息子が、
幼馴染の男の子を連れてきました。

息子と昔から仲が良く、私とも顔馴染みの
息子の友達

家が近所なので家族同士で親しい間柄でした。

女の子のショートヘアみたいに可愛い髪型でしたが、
ジャ○ーズ系のなかなかのイケメン君な男子中学生

その男の子を、仮に英樹君とします。

英樹君は、幼い頃に両親が離婚して、
お父さんと2人暮らしでした。

英樹君のお父さんが、8月の後半2週間、
お仕事の都合で家を留守にせざるを得なくなりました。

それを聞いた私は

「お父さんがいない間、ウチに泊まりにおいでよ」

と誘いました。

そして夏休みの後半の2週間、
英樹君は私の家で暮らす事になり、その初日の夜でした。

旦那は自分の書斎で就寝し、
私は居間に布団を敷いて眠りました。

私は夜中に、違和感で目を覚ましました。

誰かに乳房を触られている感触を、
ハッキリと感じました。

起き上がって明かりを点けると、
目の前に気まずそうな顔をした英樹君がいました。

英樹君は、息子の部屋で就寝しているはずでしたが、
寝ている私に痴漢、夜這い行為をするために、
息子が寝た隙を見て抜け出して来たのです。

英樹君から

「ごめんなさい、おばさんが初恋の人なんです
前から大好きで仕方ないんです」

と告白されました

息子と同い年で、英樹君は当時12歳。

私は三十路のおばさんで
まさ日10代前半の若い少年に
性的対象として見られているとは思いもしませんでした

それに、夫婦の営みが全然無く
欲求不満だった私は、
女として悪い気はしませんでした。

私は中学教師として、いやそれ以前に大人として、
本来なら夜這いしてきた息子の友だちを
叱らなければならない局面でした。

でも、英樹君は正直私のタイプでしたし、そんな男の子に

「大好きだ」

と告白され、日頃の欲求不満も重なり、
我慢出来なくなりました。

私は禁断の領域に、自ら突っ走ってしまいました。

「英樹君、おばさんの事、
どれくらい好きか見せてくれる?」

そう私が言うと、英樹君は戸惑っていました。

「パジャマの上からオッパイ触るだけで満足?
男の子なら、好きな女性となら、
もっと進んだ経験したいでしょ?」

私はそう言いながら、
もう手が勝手にパジャマのボタンを外していました。

私は立ち上がり、全て脱ぎました。

「英樹君も、全部脱がなきゃダメじゃない」

私に促されて、恥ずかしそうに英樹君も全て脱ぎました。

半年前まで小学生だった英樹君のショタチンコは、
さすがに巨根ではありませんでしたが、
天井を向きそうなくらいの角度で
立派に赤くそそり立ってました。

「おばさんと、セックスして良いの?」

と、英樹君は遠慮している感じで呟きましたが、
英樹君の眼差しは、
もうやる気満々なのは明らか

「私はね、英樹君とセックスしたいのよ。英樹君は?」

私がそう言うと、英樹君は我慢仕切れなくなったみたいに、
勢いよく抱き付いて来ました。

私を布団の上に、仰向けに押し倒してきて、
英樹君の方からキスしてきました。

「オッパイおっきい、柔らかい」

英樹君は、私の体に夢中で甘えて来ました。

好奇心も性欲も旺盛な、思春期の男の子でしたから、
無我夢中で私の口や乳房に口付けしてました。

やがて、英樹君は初めてなのに、
生意気にも挿入を試み始めました。

硬く熱いペニスを、私のおまんこのかなり上の方に
突き立ててきました。

英樹君は懸命に挿入しようとして、
腰をグイグイと突いてきます。

「女の人のアソコは、そこじゃないわよ」

私は微笑んで、優しくペニスに指を添えて、アソコに導きました。

「英樹君、来て」

私はペニスから手を放しました。

「うっ、あっ」

と、英樹君は気持ち良さそうに唸りながら、
膣内に入って来ました。

その瞬間、私はタブーを犯しました。

他校の生徒とは言え、現役中学教師が、
中学生とセックス。

旦那がいる身でありながら、
息子と同い年の相手との背徳。

しかも相手は12歳。

例え合意の上でも、法的に性交は許されません。

全てのタブーを承知の上で、
私は英樹君と交わりました。

道徳的にも、間違っている行為です。

でも、男女の純粋な恋愛として、ヒトの本能として、
自然の摂理として、正しい行為だと今も信じてます。

明かりも点けたままで、恥じらいも無く抱き合いました。

英樹君は、暴走したように腰を振りました。

初めの数回はぎこちない腰使いでしたが、
すぐにリズムを掴んで、弾むように躍動していました。

「おばさん、もう出ちゃう!」

と、英樹君が呟きました。

ちょっぴり早い初体験ですから、
英樹君の射精も早々に訪れました。

「もう愛し合う関係なんだから、
おばさんじゃなくて、由美子って呼んで」

そう私は、英樹君に言いました。

「由美っ、由美子さっあっ~」

英樹君は挿入したまま、
絶頂し、膣内射精しててしまいました。

「妊娠しても何とかするから、
気にしないでたくさん出しなさい!」

と、私は言いました。

英樹君は私と身を重ね、ガクガクと震えながら、
精液を私の体に授け終えて、糸が切れた操り人形みたいにグッタリしました。

コンドームもせずに、私も腰を振りましたから、
初体験の英樹君が早々にイッてしまったのも、
仕方ありません。

私は、英樹君を仰向けにして、
英樹君の股間に跨がりました。

一度膣内射精を許した以上、
もう何回膣内射精を許しても同じ

躊躇いなんてありませんでした。

私は、萎えて柔らかくなったペニスを騎乗位で挿入しました。

若さとは凄いものです。

すぐさま英樹君の体は反応して、膣内でムクムクと勃起しました。

根元まで入っていたペニスは、
膣内で勃起して伸びて、
そのまま膣奥に達しそうな所まで貫いてきました。

今後は、私が英樹君に体を重ねて、
無我夢中で腰を振りました。

「私、まだ足りないの。お願いだから、英樹君のおかわりを頂戴っ!」

そう言いながら、私は英樹君と交わったのを覚えてます。

英樹君は気持ち良さそうに、悲鳴のように喘ぎ、
私は口付けで英樹君の声を塞ぎました。

完全に泳いだ眼差しで

「由美子さんっ、また出るっ!」

と、英樹君が言い出しました。

「思いっ切り、奥で出して!いっぱい出してっ!」

私はそう言いながら、体を起こして騎乗位に戻り、
私自身の体重で挿入を深めました。

英樹君は、私の腰を両手で引き寄せました。

完璧な阿吽の呼吸でした。

久しぶりに味わった、
別々の男女が繋がって1つになった、愛の形でした。

すぐさま膣内でペニスが力強く脈動して、
射精しているのが分かりました。

その日は、そこで終わりましたが、翌日から連日連夜、
求め合い愛し合ったのは言うまでもありません。

中学教師による、男子中学生への愛の特別授業ですが、
英樹君は優等生でした。

英樹君は飲み込めが早く、日を追うごとにセックスが上手になりました。

体位や、愛撫の仕方、腰の使い方…。

一度教えたらもう忘れません。

早くも4日目の夜、私は久々に、念願のアクメに達しました。

「イクッ、イクゥッ!」

と、叫んでしまいそうになり、声を堪えるのに必死でした。

英樹君の力でイカされて、幸せでした。

一度も避妊せずに、2週間連夜のセックスでした。

覚悟してましたが、やはり妊娠しました。

英樹君には伝えましたが、旦那とはセックスレスでしたから、
出産どころか妊娠すら悟られてはなりません。

妊娠5周目でしたから、日帰りの通院で、
役所への届け出も必要無く、秘密裏に中絶出来ました。

無論そうするつもりだったから、
連夜の膣内射精を許せたのですが。

その後、旦那の浮気が発覚。

セックスレスの原因も、旦那の浮気だったようでした

浮気相手は、旦那の子を身篭って、
臨月間近でした。

私も英樹君と、不倫以上に許されない関係を続けていた訳ですが、
旦那は私が悪い妻だとは知る由もなく

だからといって夫の不貞行為を許せる訳もなく
かるい修羅場があり、

そして、慰謝料を払って私と別れました。

その後、しばらくして私は中学教師を辞めて、
給料が良い学習塾の講師になりました。

英樹君は現在高校2年生。

逞しく凛々しい16歳になりました。

英樹君との仲ですが、未だに続いています。

毎週、出来るだけ最低一度は会って、デートしてます。

たまに英樹君のお姉さんと思われたりします。

英樹君は私以外の女性を未だに知らないようですが、
セックスはもう元旦那を凌ぐ立派なテクニシャン

私は抱かれる度に、
毎回何度もアクメに達してしまう有り様です。

セックスが盛んなおかげか分からないけど、
私は年齢よりかなり若々しく見えるようです。

離婚してからは、私も”人妻”という足かせが取れて、
英樹君との付き合いも気が楽になりました。

実際、歳を重ねるごとに、
私は性欲が増して淫らになっている気がします。

そんな私を満足させられる英樹君は、
性格的な部分やルックスも含めて、
まさに私の理想のパートナーです。

英樹君はまだ結婚出来ない年齢なのに、
私と結婚しようとプロポーズしてくるんです

英樹君には、好きな女の子が出来たら
その子を愛してあげなさいって言ったのですが、
未だ私に夢中のよう

嬉しいけど、英樹君が結婚可能になるまで、
あと2年

その2年でどんどん私も老けて
おばさんになってしまう

でもその時まで、お互いに愛を育んでいたら、
思い切って英樹君と再婚も良いかな?

そう甘い期待を抱きつつ、今も愛し合ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。