痴漢のおじさんを腹上死させる、危険過ぎるHな女の子のホラー系エロ日記

東京の満員電車って
痴漢がたくさんいるんです

でも痴漢で男性じゃなくて、
痴女な女性の逆痴漢もあるんです

わざと男性の性器にお尻を押し付けたりして興奮させ、
勃起するのを面白がったり

Hな悪戯な悪戯をする女性の痴漢

痴女な女性に逆痴漢された男性の方で

「この娘、俺に気があるんじゃないかな」

なんて思うおじさんもいて、
わざわざ毎日のように同じ車両に乗り込んできては
お尻を触ったり、ペニスを押し付けてくることもあるのよね。

でも、女の子には身勝手な子もいてね。

最初にわざと男性に自分のお尻を押しつけて、
ご丁寧にお尻を揺らせてズボンの中で
射精までさせておきながら、
痴漢呼ばわりしておじさんを鉄道公安官や
警察官に突き出す子も鬼畜な女性もいるわけ

わたしね、そういうのって嫌なの

だから、好みのタイプの男性にしか、
お尻を押し付けたり逆痴漢エッチしないの

去年の秋も、そうだったわ

すっごく電車が混んでいたとき

おじさんフェチな私は

わたし、その前の日にわざと
お尻を擦りつけたステキなおじさまに再会できたの。

わたし、うれしくてわざと
ドアの側で逃げようのない場所に移動して、
おじさまが来るのを待ったわ。

そしたらね、2駅過ぎた頃、
おじさんがわたしのすぐうしろに立って、
わたしのお尻にペニスをこすり付けてきたの

おじさんは、電車の揺れに合わせるように、
お尻に勃起したものを擦りつけてくる。

おじさんは左手にバッグを持っていて、
それでわたしとおじさんの隙間を隠した。

そして、痴漢のおじさんは右腕を使ってわたしを抱きしめてきた。

そして、ゆっくりと私の胸を揉み始めたの。

わたしは、抵抗するつもりはなかったけれど、
わざと恥ずかしそうに下を向いてもじもじ

痴漢のおじさんは、嬉しそうなエッチな笑みを浮かべながら、
わたしの乳房をしっかりとつかんで揉んだわ。

わたし、じっと動かなかった。

おじさんは手をだんだんと下げてきて、
スカートの裾をそっとたくしあげてきた。

そして、さっとスカートの中に手を入れた。

にやにやしながら、太ももを撫で上げ、
私の陰部をまさぐり始めたの。

おじさんは指でパンティーの上から
クリトリスをゆっくりとなぞった。

わたし、感じてしまって、
体がぴくんっと痙攣してHに反応してしまう

快感が強まり、愛液があふれ、
パンティーの表面にしみ出てきたのが
自分でもはっきりとわかった。

痴漢のおじさんは、
ヌルヌルと滑りやすくなったわたしの小陰唇や
クリトリスを嬉しそうに指で弄んだ。

体中がピクピクと震え、
足も腰も力が抜けていくわたしは、
壁にもたれかかって、
おじさんの触りやすい体勢を維持

おじさんは、鼻息を荒げながら、
ズボンのジッパーを下げて、
わたしのお尻に生のペニスを押し付けてきた。

わたしは、おじさんの精液が
スカートに付着するのを恐れた。

そんなものを付けられようものなら、
それこそ人に見られたら恥ずかしい。

第一、制服のスカートに付ければ、
ママに何があったのか、すぐに気づかれてしまう

。ペニスを私のお尻にこすりつけ
電車の揺れに合わせてリズミカルに動いている
痴漢のおじさんの鼻息は、
ますます荒くなっていった。

わたし、おじさんのペニスがわたしの
膣の中に入りやすいように、
自分でスカートの裾をそうっと引き上げた。

スレンダーなわたしの体は、
後方からでも勃起したペニスが十分に通過できる路ができるの。

おじさん、わたしのお尻を直に
触ってそれに気づいたようだった。

おじさんは、にやっと笑ってわたしの中に挿入してきた。

鞄の中から取り出したタンポンを右手で
握ったまま、その拳をドアの中央付近にあて、
ドアのすぐ側にある手摺を鞄を押し当てるように
掴んだわたしは、おじさんのペニスの大きさと
硬さを膣感覚で知って、さらに興奮

わたしは、おじさんの動きに呼応するように
腰を左右に振り、快感を楽しんだ。

おじさんはわたしが声を出さないように
右手でわたしの口を押さえてきた。

「ウッ」

っと小さな声を上げ、
おじさんは私の中で射精し恥辱された

わたしは、おじさんが離れると
同時に反射的にタンポンを挿入

そして、内股についた愛液と
逆流して会陰に垂れてきた精液を
ウットティッシュでさっと拭き取った。

そして降りる駅に着き、
痴漢のおじさんに続いてわたしも降りた。

そして、予定通りにわたしはおじさんに
声をかけ逆ナンパ

「ねぇ、おじさん。もっと気持ちいいことしましょうよ」

「なっ、何を言うんだね。私は何もしては」

「心配しないで。誰にも言わないわ
二人だけの秘密」

わたし、淫乱な微笑みを浮かべて見せて、
おじさんの手を引っ張ったの。

思った通り、おじさんはニヤリと笑ってついて来た。

そして女性用トイレの個室に二人でこっそりと入り、
わたしはおじさんに抱きついた。

「ありがたいねぇ
だが、私はさっきの一発で定量だよ」

「大丈夫、わたしが大きくしてあげる」

そう言って、わたしはおじさんのベルトを外し、
ズボンを膝まで下げると、おじさんのペニスを咥えた。

そして、パンティーを脱ぎ、
タンポンを取り出して汚物入れに投げ込むと、
ペニスを吸い始めた。

ドロドロした精液と愛液が混じり合って、
わたしの太ももに垂れて来た。

わたしは、その感覚に興奮

そして、おじさんのペニスに次々に舌技を繰り出した。

「ウッ…、すっごい」

おじさんは、少年の様に頬を赤らめ、
その萎えたペニスは再び激しく猛り狂った龍の様に怒張

わたしは、黙ってお尻をおじさんに
向かって突き出した。

おじさんは、両手でわたしの乳房を揉みしだきながら、
わたしの膣内に、その肉棒を挿入

そして二人は快楽をむさぼりあった。

「あっあっはあっいい~」

っと大きなヨガり声を上げ、
おじさんは私の中で膣内射精

そして、そのままわたしの背中にもたれ掛かってきた。

わたしは、おじさんが力なく
腰を落として座り込むのを確かめてから、
隣の個室に移った。精液と愛液を拭き取ると、
何食わぬ顔をしてトイレから出て、自宅に帰った。

帰宅すると、わたしはいつも通りに
シャワーを浴びた。

鼻息がかかった首筋も、
愛液と精液にまみれた部分もきれいに洗った。

わたしは、全身を心地よい快感が
包んでくれていることに満足した。

そして、母が用意してくれた
夕食をいつも通りに食べ、テストの成績について両親や姉、
妹とも話しをし、いつも通りの家族団らんを楽しんだ。

そして、女性家庭教師の授業を受け、
受験勉強にはいつも以上に集中することができた。

一日の予定がすべて終わり、わたしはベッドに入った。

そして、電車の中の痴漢エッチや
駅のトイレでの恥辱エッチな出来事を思い出しながら、
気持ちよくオナニーをして眠りについた

翌日の朝のテレビには、
駅の女子トイレで下半身をむき出しにして
死んでいたおじさんのニュースが流れていた。

新聞には、痴漢行為に興奮して脳卒中を起こし、
そのまま凍死したのではないか、と書かれていた。

痴漢のおじさん腹上死しちゃったのかも

わたしは、新たなおじさんを
求めていつもの電車に今日も乗る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。