家族持ちのオジサンが素人女子大生にレイプ失敗して、必死に洗脳する強姦未遂

素人の女子大生に無理やりガチ挿入し
レイプ気味に犯すのが大好きな変態おじさんです

そんなアブノーマルで強姦魔のおじさんですが
セフレができたんです

ダチの行きつけの居酒屋に気持ちよく騒いでいると
1人の女子学生が話しかけてきた

可愛らしいお嬢様のような女子学生

この女性の名は嬢としよう。
 
「ダチさんの知り合いですか?」

と俺に話しかけてくる。

「そうですよ、もうかれこれ30年以上の付き合いですかね」

「そうなんですか、えっ何歳なんですか?」

「三十代後半ですよ」

「全然見えません、てぃうかダチさんも」

「もしかして、ダチの事が気になるの?」

「違います、良くここであったりするけど
幾つなのか聞いてなくて」

「そうなんだ、幼稚園からずっと一緒にいる仲間なんだよ」

たわいもない会話が続いた。

軽く俺の自己紹介すると
年齢三十代後半で身長165cm
既婚 服装はポロシャツにジーパン

サンダル
どこにでもいる、小太りさんおじさん

そして、この嬢のスペックは
年齢20歳の素人女子大生で
細身のスレンダー
大学は歯科大らしく、将来の女医

服装は白の花柄のミニのワンピース
とても可愛らしい素人JD

さて、話を元に戻そう

ダチは飲み仲間がいるらしく
話に夢中でこちらには戻ってこない

俺は、基本的に女なら誰でもいいぐらいの
頭の悪い変態だ

そうそう、痴漢癖もあるね

そうとは知らず

嬢は良くボディタッチをしてくる
酔い任せ、俺も軽くボディタッチ
嬢は全然気にしていない様子

俺はこの女犯しても大丈夫と感じていた。

そう思うと、もっと触ってしまえと
俺の愚息が自己主張を始め出した。

残念ながら、ダチの憩いの場で事には及べない
嬢との話に適当に相槌を打ちながら
どうしたらいいか俺は考えていた

話の中で嬢はカラオケが
好きだと言う事がわかった

それも、1人で行くほどのカラオケだ

店も閉店になり
そろそろ帰ろうかと言う話になってきた。

「せっかく知り合えたのに、淋しいね」

「又、一緒に飲みましょうね」

「そうだね。俺らは此れからオールでカラオケ行くよ」

俺はこの一言に望みをかけた

「えーずるいなー
ラオケ、私も行きたい」

見事釣れました。

こんな簡単に素人女子大生は釣れるのか?

「おーしカラオケ行くぞ」

ダチは無言w

「ね~なに歌う」

と乗り気な素人JD

俺「ダチはミスチル上手いんだぜ」

嬢「ミスチル好き~聞きたい」

俺「マジ上手いから楽しみにしてな」

ダチに有無も言わせずカラオケに突入
もち、飲み放題で潰す気まんまんです。

1曲歌うたびに、乾杯

そして、どんどんと嬢に酒を飲ませます
何度もトイレに行く嬢
タイミングを合わせて俺もトイレに
トイレから戻ってくる嬢に両手を広げると

嬢からハグ

柔らかい

嬢のおっぱいが体に触れると
俺も愚息も戦闘モード突入です

ハグからわざとらしく尻に手を回し
持ち上げます

抱っこです、というか駅弁スタイル(笑)

嬢はミニのワンピースのため、

生パンにタッチです。

嬢は笑っています。

部屋の前で嬢を降ろして、

自分もトイレに
便器のまえで戦闘モードの愚息を取り出すと
カウパー君が出ていました。(笑)

部屋に戻ると
理性のない俺は痴漢、レイプを開始する事に
俺の前に座る嬢に
足でタッチを開始しました。

まずは、嬢の足首辺りに
俺の脚の指を触れさせる事から始めます。

最初のタッチ
嬢は足が触れている事に
気付いたみたいですが、
特に気にしないようでした。

それならばと
ゆっくりと太ももの方へ
足首から指を上に這わせます。

何度も繰り返していると
嬢が俺の脚をダチに解らないように
手で厭らしく触ってきます。

もしかしたら抵抗していたのかもしれません

そのまま続けていると嬢の顔が
段々と赤くなってきたような気がしました。

他人のいる中で
触られている自分に興奮してきたみたいです。

嬢がトイレに立ち
俺も少し時間をおいてトイレに

戻ってきた嬢をハグしキスをし
舌を挿入すると
嬢も舌を絡めてベロチュー

堕ちたと確信し
一緒に部屋に戻りいたずら再開です。

嬢の顔を見ながら
太腿を足の指で 撫で回していると
興奮しているのをばれないようにしているのか、
かなりのピッチで酒を飲んでいます。

俺はもっと、興奮している嬢の顔が見たくなり
大胆にもワンピースの中に足を突っ込み
秘部に足の指を伸ばしました。

嬢はいきなりワンピースの中に足を突っ込まれたので
びっくりしています。
俺は、お構いなしにパンツ上から秘部を擦ります

俺もカラオケ中に向かいの女の秘部を
足で弄るなんて事をしたことが無く
どうしていいか解らず
グリグリとただ親指を押し付けていました。

もちろん嬢も初めての経験だったそうです。

暫くすると親指の先が温かくなり
湿り気が帯びてきました

時折、嬢の顔も快楽に身を委ねている感じがします。
そのまま、いじり続けていると
嬢の秘部にパンツが食い込み
じかに湿り気を感じられるようになりました。

自分の足の指に女性の秘部が、
それも濡れたヒダが絡みついてくる
女性に屈辱的な行為をしている
征服感と背徳感に
俺は酔っていました。

俺の頭の中は
どうにかして、嬢とやりたい
それだけを考えるようになっていました。

ダチが酔い潰れない限りチャンスがない

しかしダチは酒豪で簡単に潰れない駄目だ

せめてフェラだけでも

トイレでフェラか~と考えていましたが
俺は口では中々いけないタイプ(泣)

手こきか

しかし俺が席を動くとダチにばれる可能性がある

そのままチャンスが無く
カラオケも閉店時間に

俺は何も出来ずにカウパーで泣きぬれた息子の為に
パンツの中が気持ち悪い事になっている事に
気付きました。

その後三人でコンビニにより別れる事に
なんと

嬢と俺の帰り道が途中まで一緒との事

ダチに

「きちんと送っていけよ」

といわれ

「了解(ありがとう神様そしてダチよサンキュー)」

「ダチさんおやすみなさい」

と丁寧な可愛いJD

俺は最後のチャンスと思い

「もう少し話さない?」

「え~もう帰ろうよ」

「せっかく知り合えたのに、もう少し話したいな」

「まあ少しなら良いけど」

と近くにあるスーパーの立対駐車場へ
非常階段を上り人目のない所に着くと
嬢が階段に腰掛けました
そこで、すかさず

「遣りたい、
嬢とHしたい」

といきなり、強引にキスをしました。
そのまま、胸を触ると
嬢はいきなりの拒絶反応

「私とどうしたいの?
付き合いたいの?」

いきなり訳が分からない事を言い始めました

しかしHしたいだけの俺は
無理やりキスをし
嬢の秘部を弄ります

嬢の抵抗は強くなり
カラオケの時とは全然違います。

俺は無理やり息子を触らせ

「嬢が欲しくてこんなになってるんだよ
君が欲しい
男は欲しいと思った女は物にしたいんだ」

と意味の解らない言葉を必死に口走っていました。

そのうち俺は愚息を出して
嫌がる嬢に無理やり咥えさせ
レイプ気味にフェラチオ

嬢は少しの間
優しく口を上下に動かしてくれました。

しばらくたって

「はい終わり」

嬢は息子から口をはずしました。

中途半端に息子を刺激された俺は
また嬢の秘部に手を当て激しくいじりだしました
そして、嫌がる嬢のパンツをずらし
嬢の秘部に息子を押しあてました

すると嬢は

「駄目、嫌、本当に駄目、お願い
お願いだから止めて」

と言いながらも腰を持ち上げ
自分から先を挿入してきたのです。

後で話を聞くと
なんで腰を持ち上げたのか良くわからないとの事

興奮した俺は、
そのまま膣奥まで挿入し腰を動かし始めます。
嬢が感じだし
声がでてきます。

しかし目から涙

俺はヤバイと思い
直ぐに愚息を抜きました

さぐがに強姦で訴えられないかと慌てふためき
嬢を抱き寄せ謝りながら、どれだけ嬢がいい女で
どれだけ遣りたかったか
を熱弁していました。

酷い話ですが自分の身を守るのに必死でした

嬢も落ち着き
優しくしてくれてありがとうと

頓珍漢な事を言い始めました。

「ありがとうなんて、どうして言うの」

と話を聞くと、
嬢は話してくれました
飲むと人恋しくなり、
ついついボディタッチをしてしまうとの事

更に触られても嫌とは言えない性格なので、男に勘違いされ
ヤリ捨てされる事が何回かあるとの事

その度に何時も中田氏され
今回も中田氏遣り捨てされるだけかと思うと

悲しくなって泣いたとの事
(俺も遣り捨てするつもりでした)

優しくしてくれてありがとうと言ったのは
今回の俺は行為を途中で止め、嬢を心配し
抱きしめ一生懸命嬢を抱きたい理由を話してくれた

それが嬉しく
泣きやむまで
ずっと胸を貸していてくれた

何時もの男達と違うと
私を愛してくれていると感じ
安心したからだそうです。

俺は、別に心の中では愛してないし、
その男達と一緒だよと思っていました

本当に馬鹿な素人女子大生です

そして、それ以上にお馬鹿な俺は
まだ遣れると思い
嬢を抱き寄せキス

今度は嬢も抵抗なくキスを受け入れます。
何度も何度も時間を掛けてキスをします
嬢は愛されていると勘違いしています。

堕ちた今度こそ堕ちた
俺は心の中でがッポーズをしました。

しかし、まだ心配です

心配性の俺は、嬢の手をひっぱり、
ゆっくりと俺の息子の傍に置きました
OKなら何らかのリアクションがあると思ったからです。

嬢は俺の意図が解ったのか
ジーパンの上から息子をゆっくりと触りだしました。

ディプキスをしながら俺も嬢の秘部を弄ります
キスだけで濡れたのか
さっきまでのプレイで濡れたのか
かなりの量の塗れ具合です。

少しすると嬢がジーパンのチャックを開け
じかに息子を触り始めました
俺をいかせようと動きを速めてきます。

俺としてはこの期に及んで挿入、青姦野外SEXして
出来れば他の奴らと同じに中田氏がしたかったので
挿入したいと力説しました。

「ここでは嫌
何時人来るかわからないから手で我慢して」

そして手コキの動き早めます。

カウパーでベタベタな
俺の愚息からぐちゅぐちゅと
厭らしい音が聞こえてきます

それでも食い下がらない俺に
嬢:口でならいいよ

と言い始めました

俺は口でしてもらっている間に
挿入できる方法を考えようと思い口でしてもらう事にしました。

良く色んな男に遣られてるだけあり
嬢の口は素人とは思えないくらい気持ちよく、
また時折、上目づかいで
嬢:気持ちいい
と聞いてくる顔を見ていると
顔射したいとの情動に駆られ
危うく愚息が暴発しそうになりました。

ふと俺はここ上階にトイレ有ったよなと思いだしました
嬢を何とか説得してトイレで挿入させてもらうことに

トイレに入ると直ぐに抱きしめ
ディプキスをしました。
嬢の勘違いを続けさせるには必要と思い
何度も何度もキスをしました

すると、嬢が欲しいとぽっり言いました。

少しSけのある俺は
聞こえない振りをしてディプキスをします。
すると、また欲しいと嬢が言います。

すかさず

「何が欲しいのと俺は聞き返します」

「・・・」

「どうしたの?」

右手で秘部を触ります
はいているパンツが絞れるんじゃないかっていうくらい
ビショビショです

「欲しい」

「何が欲しいの」

「俺さんの」

「俺さんのなに」

「馬鹿」

「俺さんの息子が欲しい、
奥まで入れさせてくださいって言ってごらん」

「・・・」

「じゃないと入れてあげない」

俺は右手を激しく動かす

「指やだ入れて欲しい」

「・・・」

「お願い・・いれて」

「・・・」

「お願いします
俺さん・の・・・息子を
嬢の秘部に・・・入れてください」

「奥までは(笑)」

「・・・・」

俺は更に右手を激しく動かす

「中に・中に、俺さんのを早く
俺さんの嬢の中にいれて
お願い、俺さんの息子
嬢の中・・に、秘部に入れ・・ください」

洗脳完了!

軽い調教に焦らしプレイで
完全に淫乱マンコ汁ドバドバの変態女子大生に洗脳した

俺は便座に腰を掛ける

「おいで」

「はい」

「自分で入れるんだよ」

「はい」

嬢はパンツを下ろし
右手でワンピースの前を捲り
左手で息子を握り
自分の意思で息子を秘部に挿入していった

中はドロドロで温かく
俺は不覚にも挿入されただけで
暴発しそうになった。

嬢の腰を無理やり押さえ動けないようにし
ギュウと抱きしめ暴発しないように
耐えていた・・・

しかし嬢の中は良く動き
時折キュキュと締めつけてくる
我慢できそうもないと俺は悟ると
いきなり、激しく腰を動かしだした

そして、嬢に

「ごめん気持ち良すぎて我慢できない」

「良いよ、私も気持ちいい」

「中に出したい嬢の中に」

「俺さんなら良いよ」

「妊娠しちゃうかもよ」

「大丈夫だから
中に・・中に出して」

嬢の中で俺の愚息が喜んでいる
散々我慢させたせいか
それとも嬢の中が気持ち良すぎたのか
何度も何度も
脈を打っていた
こんなことは、久しぶりだった

そのまま俺たちは抱きあっていた
嬢が俺の耳や首筋にキスをしてくる
心地よい気持ちよさだ

ふと我に返る

ヤバイ中田氏

それも大量と

慌てて嬢から具足を抜くと
ゆっくりと液が流れ落ちてくる

「心配しなくて大丈夫だよ
今日は危険日じゃないから」

そう言うと
自分の秘部をトイレットペーパーでふき
ふき終えると
俺の愚息をくわえ始めた

「はい綺麗になった」

なんと、嬢は御掃除フェラを
自分から進んでしてくれたのだ
思わず嬉しさに
俺は嬢を抱きしめてしまった。

「こんなことになってごめん
嫌だったろ」

ううん、嫌じゃないよ
私こそ、ありがとう」

「なんか凄い幸せな気分だよ」

「えへ」

抱き寄せてキスをする。

「私も、凄い幸せ
エッチもすごい気持ちよかった
何時も遣り捨てだから、なんか愛されてるって感じた」

「それなら良かった。」

「俺さん私のこと好き?」

「ごめんな、家族がいるから」

「そうだよね。
又、飲み屋であったら遊んでくれるかな?」

「それは構わないよ、嬢は凄く可愛いから」

「照れるな、俺さん大好き」

気付くともう朝の07:00をまわっていた

そして、俺が

「帰ろうか」
と言うと洗脳済みの淫乱JDは無言

「また、カラオケ行こうな」

「・・・」

「今度は二人で」

「ホント?」

「ウソはつかないよ」

「今日はもう帰ろう」

「最後にもう一度ギューとして」

俺は嬢をギューとした
そして、もう一度キスをし
嬢の秘部を軽くさわる

嬢:俺さんのエッチ
俺:嬢が魅力的だからさ
嬢:ありがとう、帰ろっか・・・

こうして、俺と嬢の一夜が明けた。
後日談、カラオケでの行動の一部始終ダチは気付いてたらしく、
相変わらず変態な奴だなと思いながらも
嬢の恥辱に交えてる顔をばれない様に見ていたんだそうな。

ダチはもち家にかえって抜かせていただきました
と笑いながら話していた。
俺は嬢と遣った話はせず
あの日は俺もそのままかえって
感触を覚えてるうちに抜いたと話しを併せておいた

その後、嬢とは定期的に逢い挿入させてもらっている。
変態な俺の趣味に併せて、
今では色々な所で挿入できるようになってきた。
その話は今度書くことにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。