親子でキッチンSEXして、台所でストッキングを脱がされる41歳の母【近親相姦体験】

母子相姦を初めて体験したのは
息子が高校生になってから

高校の三者面談が終わり息子と一緒に帰宅しました

主人とは3年くらい夫婦の営みがなく
セックスレス

今日も帰宅は遅くなるようです。

私も息子も朝から親子で禁断の近親相姦がさしたくて
身体が疼いていました。

午後3時過ぎ息子と
タクシーで帰宅しました。

車中で私のお尻にボディタッチして
下着の中は既に婬汁で濡れて、
家の中に入ると鍵を掛けて
玄関先で息子は唇を求めて濃厚親子SEX

もつれるようにリビングでキスしながら
17歳の息子と41歳の母である私は
興奮する身体を移し、息子は私を
キッチンシンクに後ろ向きに立たせました

紺色のスーツのスカートを捲り
パンティーストッキングを乱暴に下ろし、
下着越しに息子の熱い吐息を感じました。

しゃがんだ息子の目の前で下着が下ろされ、
私の恥部が息子に曝されました。

「ママ、物凄くHなおまんこだ
凄く濡れてる」

「ゃだぁ、恥ずかしいから見ないで」

息子の舌が私の大陰唇を掻き分け
ピチャピチャと音を立てて舐め始めました。

指で大きくなったクリトリスを
親指と人差し指で摘んで愛撫をしてくれます。

何度も交わった私達は
互いの身体を知り尽くしています。

息子の太くて硬いモノが挿入され、
キッチンSEXで近親相姦

まるで恋人同士のように体を重ねる
ダブーな私達

四十路のおばさんですが、
息子の前に抱かれると青春時代に戻ったような気分なるんです

この息子とのHな関係がいつまでも続くかわかりませんが、
後、少しの間この快楽に溺れていたんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。