寝ている妹のパジャマを脱がしてセンズリするシスコン兄貴

シスコンでロリコンという
ダブル役満な性癖を持つ俺には
3歳の妹がいて、幼い頃から、
妹に性的悪戯をして、
チンコビンビンにしている変態な兄なんです

今まで、妹にたくさんHな悪戯をしたと思う

最初にイタズラしたのは
俺が小4の頃

既に俺はオナニーという大人のhな遊び覚え、
猿の如くセンズリしていた

しかし、まだ精通してなくて
ドピュっとザーメンが出る事はなかった

妹とは普通に風呂に入って遊んだり
仲良かった。

風呂上がりに 妹が裸のまま
児童雑誌を夢中で読んでるときに
股の間が気になって覗いてみた

小さい膣と肛門 尖ったクリトリス

幼女の可愛らしい性器を
じっくり観察

数分後に お互いパジャマに着替えました。

寝るときは一緒でjs1年の妹とじゃれあい
ようやく寝付いた後で 服を脱がして悪戯します☆

懐中電灯片手に布団に潜り
(昔の布団は重かったから潜るの結構大変ww)
パジャマとパンツを一気に脱がし夜這い

両足の間に潜り込み懐中電灯ON!

オマンコが明るく照らされます。

両手でゆっくり開いて
じっくりとロリまんこを観察

呼吸する度に 膣がウネウネと動き
常に濡れていて女体の神秘に感動してました。

そして、無臭のオマンコに口付けして
じっくり舐め回します

肛門と膣を交互に舐めて
自分の指を舐め ゆっくりと膣へと挿入していくと
口で加えたられたくらい強い締め付けで
ニュルニュルと指を飲み込んでいきました。

ほぼ毎日夜這いしていたので
少しずつ膣への指の挿入がスムーズに

妹の体内は熱く 奥がコリコリしていました

指挿入して片手でセンズリするのが
俺の最高に興奮するセンズリでした

イッたら 射精もないし 軽く休憩して
また勃起してくると猛烈に興奮して
ロリな 妹に指挿入してオナニー

1晩に何度も
4~5時間やる時もあります

小6の時に精通してからは
精液を妹にぶっかける事の快感に目覚め

妹の手に握らせて 射精したり

半開きの唇にチンコを当てがい
口内に発射して 顔をしかめて
モグモグとゴックンする妹に興奮していた

指挿入は肛門もやっていたので
ある日 妹のアナル処女を頂きました

チンコに唾をたっぷり付け
肛門に当てがうと プリッとした弾力に
押し返されながら ヌプヌプと根本まで入り
起こさないように動かないまま妹にピッタリ寄り添って
ビューっ!と奥に発射しアナルSEX

精子を妹の体内に出す
快感に浸ってました

妹は眠りが深いので
アナル挿入でも全く起きません

俺が高校に入った頃
妹はいつの間にか ナプキンをするようになり

指挿入時に生理の血が付く事もしばしば

陰毛もうっすら生え始め
体の成長をずっと見てきたので感動しました

そして俺はとうとう妹への膣挿入を我慢出来なくなりました

夏の夜、部活で疲れて寝てる妹に
口付けをして パンツを脱がし
じっくりと陰毛が生えたオマンコを舐め濡らします

しばらく舐めると 膣から愛液が溢れ出し
その愛液をチンコに唾と一緒にたっぷり絡めて

チンコを膣口に当て る

今までも 挿入真似や性器と
性器のキスはやってきた

爆発しそうな鼓動を抑えつつゆっくり挿入をする

1分1センチくらいのスピードで
ゆっくりとオマンコにチンコが飲み込まれていく

肛門とは違い奥も強い締め付けだ

処女膜は破れたか解らない
血は出ていないみたいなので
そのままチンコを根本まで挿入する

20分くらいかけてようやく
奥までスッポリとチンコは飲み込まれた

スヤスヤ寝てる妹が
兄とついに膣で近親相姦されているなど 夢にも思わんだろう

起きたら夜這いに気付くんではないかという
恐怖と快楽のスリルで何年もやってきた

少し膨らみかけた胸を露にして
両足をがに股に開き 大切な性器を丸出しで

兄の性器をくわえ込み 体内に受け入れている

大人になった妹

両親も 学校の友達も知らない

俺は体を倒し妹を軽く
抱きしめ キスをしてゆっくり動く

既にイキそうだった俺は

「妹に好きだよ!愛してる」

と囁き思いっきり 膣内射精

ビューっ!ビューっ

って音が聞こえそうなくらい
強く膣内に精液を発射し

再び妹にキス

チンコを抜くと精液が溢れ出して
ティッシュで拭きながら、片手でチンコを激しくシコって
イク寸前で膣に再び挿入して中出し近親相姦

無表情の妹のオマンコに赤く勃起したチンコが刺さり、
ビクンビクンと精液を妹の胎内に送り込んでいる

射精すると 一気に冷めて
罪悪感と妊娠の恐怖に襲われ

数ヵ月間 夜這いしつつも
ビクビクしながら生活してました

妹の彼氏は、兄である俺以外認めませんよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。