レイプ願望のある痴女熟女は深夜を汗だくジョギング

鬼畜なレイプ計画をたてたんです

それは女性ランナーが
深夜公園をジョギングをしていて
凌辱しようと思ったんです

その女性ランナーは
毎日決まった時間にランニングしている

決まった時間とは深夜、3時~4時です。

まだ、辺りは暗いまま

その女性アスリートを
レイプするという計画です。

その人のジョギングコースを前々から調べていた結果

5分間ではあるが、全く人通りのない
抜け道を通ると言うことが分かりました。

その抜け道は普段、地元の人でも通らない、
寄りつかない道なので、そこで襲い強姦する計画

昨日、実行に移すため、
その人が通る道で、待っていました。

本日も時間通りに通りそうです。

歩き出したのを確認し、先回りし、
抜け道の所で待ち伏せしていました。

私の持ち物は、ナイフ、デジカメ

私が着いて、程なくすると
誰かが近づいて来る気配がありました。

私は草むらに身を潜め、
女の人が過ぎるのを待ちました。

ジョギングしている女がいつものように抜け道に入って歩き出し、
私の前を通過しようとしたときに私が動きました。

「おい!」

「ひっ」

女の人はビックリして振り返りました。

私は顔を見られたくないので目出し帽を被っていました。

「きゃ」

女の人が悲鳴をあげそうになったので、
急いでナイフを取り出し、
女の人の髪の毛を掴み、お腹にナイフを突き立て

「騒ぐと刺しますよ」

と優しい口調で脅迫

「はい」

と女性ランナーは小さい声で答えた。

「ここで、何をしても誰も助けに来ない。
誰も通らないからな
ゆっくり楽しませてもらうよ」

と私が言うと女の人は

「誰にも言いません。あなたの言う通りにします」

と答えました。

そこで、「何かが違う?」
と私は思いました。

よく、女の人を見ると
年齢30才位のスリムな人でした。

ますます我慢出来なくなり、
ナイフで脅しながら服を脱がそうと思い、

「早く脱がないと、切り裂くぞ!」

と言いました。

「そ、それだけは・・・自分で脱ぎますから」

といい、ジャージをするっと、
脱ぎはじめました。

「ヤケに素直じゃないか?」

と聞くと驚く答えが返ってきました。

「私、いつか、レイプされるんじゃないかって、
思いながら歩いてました」と。

「だから、うれしくって」

どうやらレイプ願望のある
M女のジョギング熟女だったんです

こうなれば、簡単なモノです。
多少、レイプではないですが、
やることには変わりありません。

三十路おばさんを全裸にさせ、
持っていたデジカメで、顔、体、あそこと撮りました。

そしてズボンをおろし、
モノを出すと、すぐにしゃぶりついて来ました。

「はぁ、こんなのが欲しかったの」

とため息混じりでフェラチオしてくる
淫乱痴女

「自分でオナニーしながらしゃぶれよ」

と命令すると従順な痴女おばさん

口の中で反響する喘ぎ声、
これはモノにも伝わります。

熟女の頭を掴み、無理矢理、
ノドの奥まで、ねじ込み動かす。

「うっうっ」

という声がそそられます。

私は射精感を我慢でき無くなり、

「しっかり飲み干せ!」

といい一回目の濃い精液を喉の奥に放出しました。

「次はフェンスに手を突いて尻をこっちに向けろ!」

「はい」

言うとおりです。。。

こちらに向けた尻は、愛液でヌルヌルになっていました。

「私の方に見せながら指でもっと濡らしなさい」
というと再び自分で始めました。
それを見ているとモノも硬くなってきて、

「入れるぞ」といい放ち、
穴にあてがい、一気に奥まで挿入しました。

「あぁぁっ!!」

っと嬉しそうな悲鳴に似た喘ぎ声を出し、
熟女は震えました。

「こうされたかったんだろ?」

「お前の穴はしまりが良くて最高だ」

「このまま、オモチャとして飼いたい」

などといいながら、激しく後ろから突いていました。

もう、私のモノは愛液でヌラヌラになっており、
熟女の内腿もびしょびしょでした。

再び射精感が高まり、

「中に出すぞ!」と言うと

「いっぱい出してぇ!私の中に!!」

と言いました。

私は動きを早め、見知らぬ汗だく熟女の中に、
2回目とは思えない程の量の精液をぶちまけました。

「はぁいっぱい出てるぅ」

といい、汗だく銃女はその場に倒れ込みました。

行為も終わり、女の人に服を投げつけ、
帰ろうとしたとき、熟女から

「あの・・・明日も来てくれます?」

と言う言葉が!

「これから私をオモチャとして飼って下さい」と。

バカな痴女熟女だ

「住所、年齢、名前、電話番号を教えろ。
それなら考えてやる」と言うと

「あとで教えます」

といい、服を着始めました。
そして、抜け道を抜け、明るいところに住所などの
メモを置き、私の顔を見ることなく帰って行きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。