忍者のように近づき号泣するボロボロの女を駐車場でレイプ

年末の仕事納めの日
これで今年も終わりだーって会社から
自宅へと帰宅してると、
駐車場から男と女の声がした

寒空の中、イチャイチャカップルが
青姦SEXしてるのか?

って思い、ならばカップルの野外SEXを
覗いてやろうと音をたてないように
忍者のように近づき、覗いてみると、
案の定SEXしてた

けど、何かがおかしい。

女の服はボロボロで号泣

しかも男は二人組で
笑いながらやってる。

女のやだやだって言う言葉で、
レイプだってやっと気づいた。

止めに入るべきだけど、
鬼畜レイプ願望があった俺は見続けた。

すると、男は車の後部ドアを開け、
座って女になめさせ、
もう一人はバックから突いていた。

車はピンクだったから、
たぶん女のだろうと推測

しばらくすると、
レイパーの男たちは女の中に出して、
立ち去って行った。

女は後部座席から
下半身を外に出して号泣

俺はこのまま立ち去ろうと思ったけど、
我慢ができなくなり、
音をたてないように忍者のように車まで近づいた。

車の近くにはスカート、
パンツ、ブラなど衣類が落ちていた。

近くまで行き、お尻をみると、
男たちに強姦され出された精子が垂れていた。
女は泣いていた。

我慢の限界だった俺は下を脱いで、
勃起したチンを出して、女の背後にいき、
お尻をつかんで、入れて強姦してしまった

女はもうやめてくださいって
言ってきたが、無視して突きまくった。

携帯の写メで撮りつつ、
顔を覗き込むと、意外と可愛い。

さっさと中だしして、
女のスカートでチンをふいたあと、
女の下着と自分の脱いだものとって、
逃げ出した。

まさか自分がリアルにレイプするとは

千載一遇のチャンスに巡り会えました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。