バイセクシャルな男性が中学時代に初恋を経験した【BL体験】

俺の初恋って言ってもいいかも

好きになった相手は友達のK君

そう、これは俺の中学生の時、男に恋をしたゲイなBL体験です

今でも思い出し、切なくなり胸キュンする
君の汗のにおい

ちなみにオレはバイだが、
Kとは塾で一緒で小学生の時は
顔見知りという程度だった。

同じ中学校にあがったオレたちは、
そのころからよくつるむようになり、
クラスは2つしか離れてなくて休み時間のたびにお互いの教室にいっては、
なにかとちょっかいを出していた。

Kは小学生のときからサッカーをしていて、目がおおきく
余分な脂肪がなくひきしまったいい身体をしていたが、
けっして筋肉隆々ではなかった。

まぁ中学生のサッカー部といえば大体こんな
身体だろうというカンジかな。

学校が終わり、夕方7時くらいからはじまる塾で会うと、
他にもなかのよかった友だちとお菓子を食べたりジュース飲んだり、
あまり勉強勉強してる メンツじゃなかった。

わりと友だちに合いにいってるみたいな塾だった。

夜10時、塾の講義が終わると、
そっからがまた楽しかった。

みんな自転車で地元の夜道を駆け巡り、
ちかくの広い駐車場にいっては
自転車鬼ごっこなんかしてあそんでた。

オレはそのころからKとよくつるんでいたわけで、
だんだんKをお兄さんのような
弟のような、恋人のような、そんな目でみるように接し
いつの間にか恋をしていた

Kはそのことに気付いているのかいないのか、
わりとオレのことをかわいがってくれた。

ある日、オレとKが学校帰りいつも
一緒に帰るのが日常のようになっていたころ、
近く遠足がある時だった。

Kとオレはいったん家に帰って自転車をとって合流し、
遠足のお菓子を買いにいこう
ということになっていた。

二人で落ち合って、さてスパーにでも行くかというときに、
Kのサッカー部の仲間が5、6人でやってきた

サッカー部の連中は、Kに一緒に遊ぼうぜとか一緒に買い物に
行こうと誘ってきた。

連中とオレは別に仲も悪くなけりゃ、
それこを塾では一緒に バカやってるようなやつら

でも、この日はなぜかKとオレを離そうとしてる
ようにやたらとKを誘ってきた。

横で見るKの顔は、誘いを断れないようなでも
オレを見捨てられないような、
とても複雑そうな顔をしていた。

オレはKのことがいたたまれなくなり、

「いいよK、○○(連中)たちと一緒にいけよ。」

といったが、何も言わずただ気まずそうにしていたKは、

「いいよ、オレH(オレのこと)といくから」

といってくれた。

内心とってもうれしかったおれは、Kに熱いものを感じて、
さらにKに惹かれていった。

それからオレたちはそれまで以上につるむようになり、休みの日は一緒に
自転車をいじったり、そのへんでぶらぶらしたり、お互いの家に遊びにいったり
するようになっていった。

やがて、オレたちの中学校では男子の間で、
ズボンの上からアソコをもみ合うのが流行り出した。

仲がいいやつらは隣を通るたびにアソコを平手打ちしてくる。

なれてくると、いきなり後ろから
バック体位みたいに抱き付いてアソコをもみしだく やつまででてきた。

オレはもともと中学1年のときから勃起したち○ぽを、
まだウブな友だちにさわらせてみたり、
エロ本を学校にもってきたりやたらとエロさ
満天なヤツだった。

友だちの間でもオレはエロやらヘンタイやら、
エロいことといえばH(オレのこと)というほどだった。

KとつるむようになってからKがきっかけで男に
ちょっぴり興味をもっていたオレは、
当然のごとくその流行りに乗っかり、
ありとあらゆるやつの金玉やチンコをもみしだいてまわった。

やるほうもやられるほうも、

冗談ですんでいたから、
それこそ頭ん中が性欲だらけのしょせん厨房のお遊びだった。

でもそんなしょせん厨房のお遊びがまたスゴいんだよな

が、オレとKは違っていた。
というよりオレが違っていたw

オレはいろんなヤツがもんでくると、
大抵のやつは「やめれ〜」とかいって
手を離そうとこばんでくるが、オレは一旦相手の手はつかむものの、

「やめろ〜」とはいうものの、もまれる感触をたのしんでいた。

もんでくるやつも、他のやつとは違う雰囲気を感じるのか、
一定をこえると笑い声が なくなり、
かるくマジになって自分から離れていく

しかしそれでも、オレがもまれることが
好きな男好きってゆーウワサがたたなかったのが
ふしぎなところだが

Kはおそらく男色気はなかっただろうが、
当然オレのことももんでくる。

するとオレはまってましたとばかりに
大好きなKの手の感触を楽しむわけだ。

するとKはなかなか離そうとしない

だんだんきもちよくなって、
それこそ敏感な厨房のアソコはだんだん
充血してくるわけで

「あれ?H、なんかおおきくなってきてない?」

「・・・」

「あれ、あれ?どーしたのかな?ん?なんだこれ、これ、うりゃ」

とか言って、

カリの部分をつまんでははじき、
つまんでははじき、サオをぐにゅぐにゅと
もんでは全体をぎゅ〜っとにぎにぎしたり

はっきりいって、オレは好きな
Kにこんなことされてることに萌えてしまって、

半ばマジでその一連の流れを楽しんでいた

KはKで、オレを一通り勃起させおわると、
満足したように、

「はい、ヘンタイHできあがり♪」

とかいって満足げにどっかにいってしまう。。。

オレはオレでち○ぽはおさまってないわけで、
もんもんとしながら血が引いてくのを
そのままそこで余韻にひたりながらじっとしているわけだ

いつかなんて、普段以上にぐにゅぐにゅを
繰り返してくるKのテクに、マジで射精しそうになったときがあって、
そんときはさすがに、「ちょっとまった!」
てなカンジで逃げてしまったときもあった。。

Kさいこー

でも、そんなKは、やられるほうは好きじゃないのか、
オレがべた〜っと寄っていって
うしろからむぎゅ!っとすると、腰をひいて、一生懸命抵抗してくる。

オレも逃がすまいと腰をロックして揉もうとするが、
結局いつもにげられてしまう

Kのち○ぽもませろ〜!!てなかんじでもんもんとしていた。

そんな変でHなあそびが続くなか、
オレとKは相変わらず休みの日や塾の後にはよく あそんでいた。

自転車に二人乗りするときは、オレが後ろにのっているときは

かならず前のKが片手運転しながら、もう片方の手で後ろに立つオレのあそこを

もみもみしてくる。当然勃起するおれのちnぽはKの背中におしつけて

「うりゃうりゃ〜お前がわるいんじゃ」

とかいいながら快感を味わっていた。。

逆にオレが前で運転してるときはKのちnぽを揉もうにも、
やっぱり腰を引いて もませてくれない(;;)

くっそ〜!と思っていると、今度は後ろのKが
あいている両手でオレの乳首をイジってくるではないか!

オレはさすがにそんな気持ちいいなか片手運転なんぞしようもんならこけること

間違いないので、くすぐったいのときもちいのをガマンしながら、

「ああっKやめろ~ちょっ」

「あれ?どーしたのH、へんな声でてるよ、もしかしてこれ?」

とかいいながらしまいには
学制服のYシャツのボタンをはずしてじかに

ちくびをイジってきやがる!

さいこに快感!

もちろん乳首はぴんこ立ちでちnぽもぎんぎん。

調子にのったKはしたに手をもってきてあそこまでもみやがる

そーなってくるとさすがに心臓ドキドキもんなので、自転車をとめて一時退避・・

ずっと続けていたいけど、
Kにその気があるってバレたくないし、なにより
勃起してしまうチンポ

高校で別べつになって合ってないからもう5、6年前の恋だけど、、

Kどーしてるかなぁ。スキだよ・K

ほかにもいろんな遊びもして、ちょっとエッチなことになったりもしたけど、

もしきぼーがあればまた投稿しようと思う

てかひとつ聞きたいんだけど、
男の子諸君って、すくなからずバイって多いと

思うんだけど、どーなんだろ。
まじりっけなしのノンケなんて比率的に

ぜったい低いと思うんだが、ここ見てる人ってどーなんだろー

一度や二度、惹かれた同性っているんやないのかな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。