スポーツブラを外して、ロリおっぱいを見せてくれる隣に住む発育良い少女

女性のおっぱいに性的な興味を持ち始めたのは
俺が小学5年生の時

夏休みに、親戚の葬式があって
両親は俺を隣の家に預けて出かけていった。

隣の家とは家族ぐるみで仲良くしていたし、
Aちゃんという1コ上の小学6年生の少女がいて
いつも胸や尻を見ていて
欲情していたから断る理由なんてない。

隣の家で遊んでいると
その家の母親が用事でしばらく帰ってこないという。

出かけるのを確認すると俺はすかさず、
Aちゃんにブラジャー見せてと言ってみた。

俺は洋服ダンスの中のブラジャーでよかったのだが、
js6年のAちゃんは
顔を赤らめて頷き着ていたTシャツをめくった。

俺はびっくりしたが、
AちゃんはめくったTシャツで顔を隠していたから、
おそらく真っ赤であろう顔は見えなかった。

思いがけずそんなことをされたらたまらなくなってしまって、
そのブラジャーちょうだいと言ってしまった。

かなり変態でエロガキな俺からの
馬鹿げたお願いに

Aちゃんは戸惑っていたが

「ちょっと待ってて」

と言って部屋を出ていった。

少ししてAちゃんが部屋に戻ってくると、
その手にはさっき見たスポーツブラがあった。

Aちゃんは黙って俺にそれを突き出した

スポブラを受け取って無言で興奮している俺に
オマセなAちゃんは、
中見たくない?なんて言ってきた。

ソッコーで俺は

「おっぱい見たい」

と返事した。

AちゃんはゆっくりとTシャツをめくりあげる。

色白な肌があらわになり、
ピンクの乳首の素敵なロリおっぱい

今にして思えばAちゃんは発育が良かったのか、
小学生にしておっぱいはCカップぐらいで、
くびれもはっきりと出来ていた。

乳首が見えると俺は辛抱たまら
ずAちゃんの乳首にむしゃぶりついた。

Aちゃんは「あっ」とHな声を出して
俺を遠ざけようとするが、
俺はおもいっきり抱きついたまま
ロリおっぱいや、可愛い乳首を
舐めているので諦めたようだ。

それをいいことに右→左→右と
両方の乳首を舐めまくりおっぱいを揉みまくる俺

そうしてるとAちゃんが

「優しくして」

と言ってきた。

俺は「うん」と答えてAちゃんを
Aちゃんのベッドに押し倒して乳首を吸い続けた。

美味しくて可愛いjsのおっぱいの味は
今でも忘れられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。