60歳前の痴女おばさんと赤ちゃんプレイでおっぱいに吸い付く【高齢熟女体験】

還暦前の物凄い高齢おばさんとSEXした事がある

俺は電気工事をする仕事しているんだが
1人暮らしをしている58歳の
高齢熟女の自宅を訪問する事になった

この60代前のおばあんは
旦那とは離婚し、
息子は仕事の都合で他県に住んでいるんだと

ちなみにその高齢おばさんとの関係の始まりは、
初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、
部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、
自分がその下着を見ているとおばさんは

「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」

なんて言うので、自分は

「いいえ!そんな事無いですよ!」

と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、

偶然にもおばさんと同じ
ボーダフォンの携帯だったので、おばさんが

「あら私もボーダフォンなのよ!」

と言ってきました。

自分はおばさんにボーダフォンは”
電話番号でメールが出来る”等の話を振ると
おばさんは携帯の番号を聞いてきたんで、
教えてしまいました。

そして高齢おばさんとメル友になったんです

その日の夜早速おばさんからメールが来て、

旦那と息子の事や

1人暮らしなので、
また近くに着たら寄って下さい
休日は暇で困っています

等書いてきました。

適当に返事を書いてやると
2~3日おきにおばさんからメールが来るようになり、
ちょっとエッチな事も書いてくるんで、
初訪問時の部屋に干していた
ピンクの下着の事を

「普段あんな下着付けてるんですか?
実はちょっとドキドキしちゃって」

なんてHな返信するとおばさんが

「あの下着付けてるとこ見たい?」

と書いてきました。

その後数回メールのやりとりが有り、
おばさんが

「何かほしい物買ってあげるからエッチしよう!」

と書いてきたので、次の日の夜 
おばさんの家に行ってしまいました。

最初のセックスはあっさりと
すぐ挿入して射精した感じです!

そのおばさんは五十路後半という歳相応で
地味でごく普通のどこにでもいるオバサンて
感じでオッパイも普通

が、なぜかそのおばさんとやって2週間位いしてから、
溜まってたせいもあってか、
そのおばさんと無性にセックスしたくなり自分の方から、
週末に熟の家に電話して

「これから行っていいですか?」

と言ってまたエッチしに行ってしまいました。

それから月2~3度週末 
おばさんの家を訪問する様になりました。

今は

「今からオッパイ飲みに行っていいですか?」

とか

「パンティーとブラジャーだけになってベッドで待ってて」

とか電話で言って行く様になり、
おばさんの家に行き居間に行くと、
おばさんがベッドに入って待ってて、
ブラジャーから方乳を出して

「ほらオッパイあげるから早く来なさい」

とか言ってます。

おばさんはやさしい表情で頭を撫でながら
オッパイを飲ませてくれて
五十路のおばさんと赤ちゃんプレイ

その後

「今度はアナタのも飲ませて」

とフェラしてくれて精液をごっくんしてくる
痴女なおばさん

ちなみにベッドは居間に移動してしまいました。
おばさんがそうしろと言ったもので

挿入は中出しOKです!

中に出したり、オッパイや顔にかけたりもしてます。

熟は家では黒スパッツが基本ですが、
タイトスカートを穿く様にお願いしているんですが、
中々乗り気でないのが残念です。

足は割りと綺麗で、太腿にちんちんを擦り付けて
射精したりもしました。

パンティーやブラは黒やピンク等エッチなものが多いのに、
なぜがあまりスカートを穿きたがりません

いつも

「スカートを捲ってパンティー見せてもらえば、
倍以上興奮するよ」

と言っているんですが!

まあパンティーライン丸出しの黒スパッツの
おばさんの豊満ヒップもイイですが!

生のちんちんをそのまま黒スパッツの
ヒップに押付けてドピュッとやったりもしていますから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。