ギャル系女子校生の姉にオナニーを見られ、逆ギレレイプする鬼畜な弟【近親相姦体験】

俺が体験した姉とエッチ、
そう、リアルおねショタ体験です

あれは、高校に入学したばかりで
姉は大学受験前のJK3の時

俺が当時はやっていた美里真理の
アダルトビデオを友達から借りて、
シコシコとエロ動画をガン見してオナニーしていた。

当時はまだ居間にしかビデオがなかったから

「あっ!」

そこに、学校から帰宅した姉が、
足音も立てずに入ってきた。

「てめっ! なに入ってきてるんだよ!」

おれはテンパって逆切れしてしまった。

姉はギャル系女子校生で
気が強い娘だったので、

「なによ、今でやってるあんたが悪いんでしょ!」

「うるせーよ、居間でして何が悪い!」

「だったら、入ってきて
文句言うことないでしょうが!」

「うるせーよ、いいわけすんなよ、出て行けよ!」

「あんたが出て行きなさいよ、バカじゃないの!
自分の部屋でしなさい! 汚いわね!」

「ここしかビデオがねーんだよ。文句言うなよ!」

「ばーか!」

ギャルJKな姉は音を立ててフスマを閉めて、
自分の部屋に帰っていた。

俺は見られたことが腹だたしくてたまらなかった。

美里真理のビデオを止めて立ち上がると、姉の部屋に向かった。

「おい、真紀!」

姉も、俺をにらんで、

「なによ、勝手に入ってこないでよ!
あんた手洗ったの?」

「おい、真紀、手伝えよ」

「は? なにを」

きょとんとする姉の手を、俺はつかんだ。

「ちょっと、なによ!」

姉は手を振りほどこうとする。

「静かにしろよ!」

俺は姉をビンタした。

「なによ! 痛いわね!」

「抵抗するな!」

俺はまだセーラー服を着ていた
姉を布団に押し倒した。

まだ抵抗するそぶりを見せたが、
もうそこからは力づくだった。

制服の上から姉のおっぱいをもむ。

俺の鼻息は荒かった。

姉が抵抗しようとしたら、するほど燃えた。
セーラー服のブラウスを捲り上げる。

「ちょっと! 何するのよ、変態!」

姉は俺を押しのけようとするが、
かまわず俺はブラジャーをむき出しにした。

ピンクで、けっこう細かい飾りがついている派手な下着だった。

「おい、なんだよ、この下着は? 男を誘ってるのか?」

「なによ! そんなわけないでしょ!」

俺はブラをさらに押し上げる。

乳首がむき出しになった。

そのとき姉の顔色が変わる。

乳首に口をつけたとき、姉の抵抗は止んだ。

女はつかめばおとなしくなる。
昔、父親に教わったとおりだった。

乳首をさんざん味わった後、
俺は姉のプリーツスカートに手を這わせる。

太ももをなで上げ、スカートをめくる。
パンツもおそろいのピンクだった。

「真紀、お前初めてか?」

姉は黙っていた。

「初めてかって聞いてるんだろ!?」

「ふん!あるわよ!」

さすがギャル女子校生な姉

あくまで強気で俺を睨みつけてくる

「ヤリマンかよ!じゃあ俺にもヤラせろよ」

俺は姉のパンツをずり下げた。

姉はアソコを手で隠そうとしたが、
「おい、まだわかんねーのか?」

俺は手を払いのける。

姉には陰毛がなかった

「おいおい、いい歳して生えてないのか?」

「水着着るから、剃ってるのよ
あんた馬鹿ね!」

生意気な姉に無理やりクンニで
おまんこを舐めまくった

「ひっ!」
変な悲鳴を姉は上げる。氷でも押し付けられたような悲鳴だ。

俺は念入りにクンニしてやった。

姉のおまんこから本気汁がドバドバ溢れてくる

十分べとべとにすると、俺は自分のズボンを下ろした。

「な、なにするのよ!?」

「あ?ヤラせろよ!ヤリマンなんだからいいだろ!

「馬鹿じゃないの、近親相姦なんて嫌よ
あんたキモすぎるよ」

「うるせえーやらせろやー」

俺が強引にゴムをつけずに無理やり生姦

姉は両手で俺を押しのけようとしたが、
当然ビンタしておとなしくさせる。

「力を抜け。抵抗するともっと痛いぞ」

俺は姉のアソコに押し当てて、一気に突っ込んだ。

濡らしただけあって、けっこうスムーズに入った。

「いやーーーっ!」

「いやーじゃねえだろ、おマンコ汁出まくりじゃねーか
感じているんじゃねーの?」

俺はニヤニヤ笑って、腰を降り始めた。

「やめて! 動かさないで!」

姉はついに泣き出す。

俺はかまわず腰を降り始めた。

「あ、あ、あ」

姉は嗚咽し始めた。

「次は後ろからだ。犯してやる」

俺は命令すると、姉は観念したのか
女豹のポーズで後背位で近親相姦ファック

俺は後ろから貫く

バックのほうが犯している感じが出て、
俺は興奮した。姉を完全に征服している。

姉は布団に顔をうずめて、毛布を握り締めている。

行きそうになったとき、俺はチンポを抜いて姉を仰向けにした。

「武士の情けだ。中出しはしない」

胸にぶっかけ

「よかったぜ」

俺はぐったりした姉の胸とケツを撫で回した。

姉は大粒の涙をこぼしていた。

「このこと誰にも言うなよ。言ったら殺すからな」

俺はそう言って立ち上がった。

その後も、俺は気分転換と称して、
姉を何度も犯した。

俺にタブーはない

何故なら鬼畜だからだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。