おっぱいパブで巨乳ギャル店員のマンコに射精で擬似SEX

巨乳おっぱいマニアな俺は
風俗に行く時は必ず
おっぱいパブをチョイスしていた

それで常連になったおっぱいパブがあり
その日は会社の飲み会があったが
二次会がなかったので
一次会終了後おっぱいパブに
一人で行った

入り口でご指名はあるかと
聞かれたので、何となく
今日は指名なしで、と答えた。

席に案内されるやいなや
今日対応してくれる店員さんが来た

店員さん(Aちゃん)は
僕にはどストライクのギャル

少し茶髪のロングヘアーで
ムチムチボディの巨乳ギャルだった

Aちゃんが横に座り
最初は何気ない会話を楽しんでいた

すごく気の合う巨乳ギャルで
しかも可愛くて、僕は
だんだんムラムラしてきた

本来この店では
下半身のおさわりはNGだったのだが
僕はダメ元で下半身を
触らせてくれないかとAちゃんに頼んだ

すると

「ホントはダメだけど、触っていいよ
他の店員さんにはバレないようにね」

と快く了解してくれた。

なので僕は、さっそくAちゃんの
足を撫ではじめた

だんだん太ももに手を滑らせ
そのままスカートの中に手を入れた

「きゃあん」

Aちゃんがエロい声を出した。

とにかくこのAちゃん
こちらがエッチいことをした時の
リアクションや受け答えが
最高に萌えるおっぱいギャル店員

僕は構わずAちゃんの
三角地帯に手を置いた

するとAちゃんが足をぎゅっと閉じ
僕の手はAちゃんの太ももと
股間の付け根に挟まれた

「柔らかい?気持ちいい?」

「気持ちいい、あったかい
Aちゃん、パンツ見せて」

すると、Aちゃんは

「いいよ、はい」

と、スカートをめくってくれて
パンツを見せてくれた

店内が暗くてハッキリ
わからなかったが、灰色に見えた

「パンツ、灰色?」

「そうだよ
何色のパンツが好きなの?」

「一番は白かな。灰色も好きだけどな」

「白好きなんだあ
白履いてくればよかった
ねぇ、もしかしてパンツフェチ?」

「うん」

「そうかあ
ね、あたしのパンツ欲しかったりする?」

僕はビックリ&興奮した。

「欲しい(笑)」

「や?ん、エッチやなあ
パンツもらってどーすんの?」

「パンツでオナニーするかも
オチンチンをパンツで包み込んで」

「きゃ?パンツべとべとに
なっちゃうよ?やだあ?スケベ」

と言いながら、Aちゃんは僕の勃った
オチンチンをズボンの上から軽く触って撫でた

Aちゃんのノリのよさに
堪らず興奮しまくり、僕はオチンチンを力強く
握るようにAちゃんに指示した

ぎゅっと握ってくれた。

「ビンビンしてる?えい」

とか言いながら
僕のオチンチンを握ったり擦っていた。

一方僕は、Aちゃんのパンツの上からお尻を触った

「ふふっ、やあん」

可愛かった。

僕はためらわずお尻を揉んだ。

揉みながらパンツの中に手を入れて
お尻を直に触り、撫で、揉んだ

柔らかくて、ムチムチして、温かくて
マシュマロみたいで気持ちよかった

「気持ちいい?」

「マシュマロみたい
柔らかくて弾力あるやん」

「きゃ?痴漢?」

それからパンツを上下前後左右に
グイグイ引っ張ったりした。

「あ?!そんなビヨンビヨンしたら
パンツ伸びちゃうよ」

僕は構わずパンツを引っ張りまくった。

すると

「ビヨンビヨ?ンっ」

僕がパンツを引っ張るのに合わせて
Aちゃんは笑いながら言った。

途中激しくパンツを引っ張ったとき、

「あっ、パンツ破んないでよ??」

とAちゃんは言った。

それで僕はさらに興奮したあまり
堪らずAちゃんのパンツを脱がそうとした。

「やっ、待って
パンツは脱がしちゃやだあ」

Aちゃんは急に弱気な声でそう言い
パンツを脱がされないようガードした

「ごめんごめん」

「こっちこそごめんね
おわびに何か好きなことしてあげる」

「じゃあ、僕の上に座ってくれる?
僕のオチンチンの位置に
Aちゃんのお尻がくるように」

と、無茶をお願いした。

「わかった?」

とあっさり巨乳ギャルで
アゲアゲなAちゃんは了解した。

Aちゃんが僕の上に座りかけた瞬間
僕はスカートを少しつまんで
パンツが直に僕のズボンの上に
密着できるようにした。

僕のちんぽの上に
Aちゃんが座った瞬間

むにゅっ・

パンツと尻の感触がちんぽに伝った

ちんぽがビクッビクッと反応した

「ビクってなったあ」

「なあ、そのままお尻を前後させて
オチンチンを擦ってくれる?」

「え?っ、ホントエッチやなあ」

と言いつつ、
Aちゃんはお尻を前後させ始めた

「どう?」

「やばいなあ、射精しちゃうかも?」

「ダメだよ?」

それから、ちんぽがAちゃんの
尻に敷かれた状態で、Aちゃんの尻に
ちんぽを擦られ
僕はついに我慢の限界に達した

「やば、で、出る」

「えっ、待って待って」

「うっ」

ドビュッ

ドビュドビュッ

気持ち良すぎて、
僕は我慢できず射精した。

ズボンがじわーっと、滲んだ

射精と同時くらいにAちゃんは
お尻をちんぽから離していたが
Aちゃんはパンツに精液がついていないかを
スカートに手を入れて確認し始めた。

「ごめんなさい!すいません!
ついてない、ですか?」

Aちゃんはパンツを
しばらく触って確認していた。

「うん。濡れてない。ついてないよ」

僕は再度謝り、
すぐに店を出るとAちゃんに行った

「待って、濡れてるでしょ」

と言い、おしぼりを持ってきてくれて
ズボンの外側を拭いてくれた

「おしぼりは他の店員が片付けないように
あたしが片付けるから。じゃあ、行こ?」

とAちゃんが手を引いてくれた。

僕が射精してしまったから
というのもあるかもしれないが
この店では基本最後は入り口まで
店員さんがお見送りをしてくれることになっている。

また、会計は最初に済ませてあるので
あとは出るだけだった。

「濡れてるから、持ってるカバンで隠して」

入り口の受付の人の前を通過するとき
前をカバンで隠した。
最後入り口で、

「もしも何かマズイことになってたら
さっき渡した名刺の携帯に連絡下さい」

と僕は、怖いあまり
彼女が万が一妊娠してしまったらと
過度に心配し、伝えた。

すると、

「うんわかった。でも絶対大丈夫でしょ!」

とAちゃんは言った。

加えて最後に

「そんな心配しなくていいからね
よかったら
また来てくれる?」

と言ってくれた。

Aちゃんの計らいで
何事もなく無事に
おっぱいバブを出れた。

本当にAちゃんは良い子だった。

お客さん想いで凄い
プロの店員さんだと思った。

あれが別の店員さんだったら
どうなっていたか
と思うと怖い。

それからしばらくは
罪悪感でおっぱいパブに
は行けなかった。

しかし1年くらい経ったとき、
Aちゃんにあのときのお礼と
お詫びをするためにようやく行く決心がついた。

店に入りAちゃんを
指名するとAちゃんが出てきた。

Aちゃんは勿論僕のことを覚えてて
あんなことがあったが何事もなく
普通に対応してくれた。

そのおかげで、
それからも店には時々通えるようになり
おっぱいパブライフを楽しんでいます