彼女の妹を騙して発育途中のおっぱいを触る

大学生の頃
付き合っていた彼女には
超年の離れた小学5年生の妹がいた

彼女の妹は可愛らしいけど
わがままな子で
時々俺らのデートに付いてきたりして
まあ結構俺にも懐いてた

それで夏休みに俺と彼女と彼女の妹の
三人で遊園地に行くことになったんだが
彼女が夜勤入ってしまって行けなくなった

仕方なく妹と
俺だけで行くことになった

遊園地から帰り際に
新しいゲーム機買ったんだよって話をしたら

俺ん家に寄りたいって
彼女の妹言い出してさ

ちょっとぐらいならいっか
まあ夏休みだし、みたいに思って
俺ん家でゲームすることになった

ひときしり盛り上がったら
彼女の妹が眠くなったみたいで

帰ろうかと言ったら面倒くさいから
泊まるとかわがまま言い出してさ

さすがにまずいだろ

と思って彼女に連絡したら
あっけらかんと俺がいいなら
泊まらせてあげて、ってOKってなった

彼女から親に連絡して貰って
夜勤空けに彼女が
迎えに来るという話になった

そうやって俺と彼女が
話終わったら頃には
彼女の妹はもう絨毯の上で
寝っころがっちゃってスースー寝息立ててた

雑魚寝はまずいかな
と思って妹を起こそうとしたが
熟睡してんのか全然起きないわけ

まいったな、と何気なく目に入ったすらりと
細い生脚が俺の中に
変態ロリ心が芽生えさせたんだわ

昼間はこっちは暑いのと
お守りで手一杯だったんだが

無防備な小5のロリな体をまじまじと
なめ回すように見ると、結構エロいんだ

これから肉付きがよくなるんだなって感じの
ピチピチデニムのショーパンから伸びた細長い脚

そのくせ、キャミの胸元から覗ける
腕で押し出されたおっぱいの谷間

起きてるときは気にならなかったけど
こうしてみると案外あったんだなって感じ

それらと相まって半開きになった唇も
後数年したらチンポくわえるんだな
と思ったら勃起してきた

生意気にカップ付きの
キャミソールだったんで
ゆっくりと胸元を引っ張った

意外と抵抗もなく乳房が見えてきて
手の平に収まりそうな
まだBもないだろうぐらいの
それでも確実に膨らんでいる
発育途中のロリおっぱい

当たり前に彼女と比べたら全然なんだけど
逆にまだおっぱいになりかけの膨らみが
小学生だと意識させて余計にそそった

起きないように
慎重にキャミの胸元を
更に引っ張って乳首へ

見えた瞬間、チンポに
さらに血が昇ったよ

乳房と色分けがわからないぐらいの
薄い乳輪がツンと尖ってて
尖端に申し訳なくついている乳首

どうみても女になりかけのロリ乳首

それを確認した瞬間に
全身が脈打ってるのがわかって
口もカラカラだった

彼女と初めてセックスした時でさえ
こんなに興奮してなかった

再度彼女の妹が起きないのを確認して
指でおっぱいの先の方に触れてみると
予想外なほど弾力と張りがあって驚いた

見た目以上にムチっとしてた

興奮の任せるまま
下の方にもと思ったんだが

これがまた、ボタンを外して
ジッパー下げるまではよかったんだが
ピチピチ過ぎて指が入らなかった

無理に指入れたら起きそうで
いっそショーパン脱がそうかと思ったんだが
起きたらやばいし

また履かせることを考えると
難しいと感じた

とにかく、大人のおっぱいとは違う感触に
野暮ったいが衝撃を受けて
こんときはすでに犯りてぇって
頭でいっぱいだった

しかし同時に彼女の妹
それもJSっていう罪悪感も過ぎって
ばれた時の言い訳とか
妹になんて言ってセックスまで
持ち込むかとか、頭ん中回転させた

いったん自分を落ち着かせるため
タバコを吸いに隣の部屋まで行ったんだ

吸いながらも、全身が興奮と
緊張でガクガク奮えてんの

時計を見たら1時5分前ぐらい

彼女が夜勤空けで迎えに
来るとしたらだいたい昼前か昼過ぎ

それまでに何とか

あん時はFランの頭で必死に考えたよ

これ逃したらいつまたチャンスがくるか

今しかロリエッチするチャンスない
何とか騙してH出来ないか?、って
必死に考えていた

当然、同時に罪悪感も浮かんだが
あの小学生ならではの薄いピンクの
乳輪と乳首で、殆ど薄れていた

で、俺は賭けに出ることにした

タンスからダボシャツ取り出して妹を起こしにいった

中々起きない。このままだと脱がしても
気づかないんじゃないかと思ったが
それでもうまく事を運ぶために
辛抱強くしばらくやったら、ようやく起きた

今日は汗かいたしシャワー浴びろと言った

夢うつつで、眠いからいいと拒否ってきた

じゃせめてダボシャツに着替えろ
服着たままだと疲れとれんから
と返しても当然面倒臭がって
やだと言ってきやがったので

じゃもう姉ちゃんとどこにも連れてかないし
ゲームやらせない

っと切り返したら
やっぱ子供だ、渋々と起き出した

ダボシャツを渡して
俺の部屋で着替えて今日は俺のベットで寝ろ
俺はこっちで寝るから、と言うと
妹は寝ぼけ声でおやすみーと素直に従った

面白いぐらいうまくいった

これで服を脱がす必要もなく
触り放題になったわけだ

しばらく時間を置いてから
俺はゆっくりとデジカメに
手を延ばしながら、立った

これからあの発育途中のおっぱいを
触ったり舐めたり出来るかもと思うと
興奮と緊張で膝がガクガクいって
音を発ててしまうのには自分でも焦った

何とか落ち着かせながら
ゆっくりと寝室の襖を空けた

ベットの上に彼女の妹が
タオルケット一枚で寝ていて
細い生脚が電気スタンドの
薄明かりに照らされてた

はっきりと自分の心臓が
ドクドクいってんのがわかった

音を発てないよう
ゆっくりとベットに近づいて
タオルケットをまくりあげた

スースーと寝息をあげてるロリな彼女の妹

スタンドを消すかどうか迷ったが
消さないことにした

とりあえず一枚デジカメで撮った

フラッシュオフにするのを忘れて
一瞬びびったが、大丈夫だった

仰向けにして
ゆっくりとシャツをめくりあげた

さっきもわかったように睡眠が深いのと
めくりやすくなったおかげですんなりと
ロリパンツがまる見えに

彼女が履いてるような
シルク地レースとは違う
白に黒のリボンが水玉柄に入った綿のパンツ

地味だがそれが
また小学生なんだなと実感させて、そそった

ショーパン履くためか、
パンツも薄くピッチピチで
しっかりと食い込んでる割れ目がばっちり

ここでフラッシュをオフにして、一枚

それからは途中に何度か撮っていった

脚を大股に開かせると
パンツの上から割れ目を指でなぞる

食い込んだ割れ目の感触

布越しに伝わる柔らかさと生温さ

もうそれだけで
激しくチンポをしごきてぇっ
つー衝動が走ったが、はやる気持ちを抑えて
割れ目を撫でながらシャツをさらにめくった

キタよコレ!って感じの
発育途中のロリおっぱい

仰向けにもかかわらず
お椀型にしっかりと上に膨らんだ乳房

ツンとしたあの発育途上の乳輪と乳首。

この時点でもう性欲の限界だった

服を脱いで俺もベッドに乗ると、再び脚を揃えてパンツを脱がす。多少動かしても起きないぐらい眠りが深いことを確信してたから、そのまま股を広げて、ついに小学生のおまんこを覗いた。

彼女のおまんことは違い、毛のまったくない、くっきりと見える縦筋。指で広げるとまだ処女の伸びきっていないプリプリのビラビラとクリそして膣穴。

俺は彼女が初めての相手で、その他は風俗でしか経験なかったから、そりゃあ興奮した。脚とかガクガク震えてベッドまで揺らしてしまうから、必死に震えを止めようとした。

汗をかいて風呂も入ってないからさすがに生臭い匂いが鼻についたが、どうでもよかった。

とにかく舐めた。

膣からクリかけて、ゆっくり。回りのツルツルおまんこもねっとり舐め、クリを剥いて吸いながら、唾液でびちゃびちゃになると、ゆっくりと膣に指を入れた。

この時点ではまだ起き出す気配はなかったが、もう起きてもいいやと思った。さすがに指先あたりはきつい感じだったが、ゆっくりと入れていくと第二間接あたりで飲み込まれるようにスルッと指が入っていった。生暖かいぬめっとした感触が凄くいやらしい感じだった。

さすがに指ぐらいだと膜もあまり痛まなかったみたいだった。

布団までびちゃびちゃになると、勃起したちんぽを持つと先端をゆっくりと穴に入れた。

彼女だとこの時点で楽々と吸い込まれるのに、やはり中々入らなかった。

意を決して、少し強めに腰を押すと中を裂くようにしてぬむぬむっと突き入れたとき、

いっ、って声がして妹が目を覚ました。

どきっとして、思わず口をふさいだ。

ややパニック状態で、

「ちょっと何してんの?!痛いから!」

ともがいたが

「精一杯、大丈夫大丈夫すぐ終わるから」

と声をかけ続けると静かになった。

落ち着いた頃を見計らって、再度ちんぽを奥まで入れた

多少痛がったが、DVDで見てたような
発狂するように暴れまくることはなかった

まだ痛い?と聞くと、首をコクンと振った。大丈夫だからね、というとちんぽを動かさず、ゆっくりとちんぽをピクピクさせるようにした。

しばらくやってると、妹の腰がもぞっと浮いたりして、妹に痛いの?と聞いたら痛いけど感じる、と答えた。だいぶ力が抜けてきたのを見計らって、おっぱいにしゃぶりついた。

発育途中のおっぱいの弾力は想像以上だった。彼女の柔らかさとは違って、乳房もコリコリとしていて、そこを揉みほぐすようにすると弓反りになって感じてた。

乳首も乳輪と一体化したような小さな突起で吸い付くような大きさもなかったが、それでも揉みほぐしながら舐めると凄く反応して、一層ちんぽをたぎらせた。

もう我慢できなくなって、ちんぽをピストンしはじめた。

妹は手の甲を口に当てて、声を漏らさないように必死だった。

処女のおまんこは凄かった。よく女のおまんこは男のちんぽに合わせて大きさを合わせるように収縮すると聞いたが、

本当に別の生き物のようにちんぽに吸い付くようにぐねぐねと動く。

彼女と初めてやったときはそんなことはなかったので、これは予想外のことと気持ちよさに、すぐに太股にじーんと痺れがきた。

妹は口を覆って息を噛み殺しているものの、あ、あ、と喘ぎ声が漏れだして、興奮が背中にざわざわっと走ったと思ったら、勢いよく膣で射精してしまった。

発射の勢いが止まらず、何度も何度も射精した。

ケツの穴が踏ん張りすぎたみたくじんじんしていた。

妹を見たら、お姉ちゃんに怒られるよ
と半泣きしていた。大丈夫内緒にしておけば大丈夫だから、わかった?と諭すと、小学生らしくコクンと頷いた。

ちんぽを抜くと精子があふれてきて、周りが少し血が出てた。

思ったより出血してなくてほっとしたが、興奮は衰えず余計にちんぽがそそり立った。

それから二人で一度シャワーを浴びて、二回戦目に突入した。

妹の方も、妙に恋人気分になったらしく、ベタベタと擦り寄ってきて可愛らしかった。

ちんぽを舐めてごらんというと、おっかなびっくりな手つきだったものの、教えてやれば口で吸ったりと素直に従った。

お姉ちゃんもこうやるよ、というと、姉貴のような大人の女になったつもりなんだろう、ニコニコしながら俺のちんぽをくわえた。

小5がフェラしながら俺を見上げるともう限界で、バックで挿入した。だが、彼女はバック好きだったが妹は痛がって、全然だった。

座位もいまいちで、やはり前からが一番感じるみたいで、二回目も正上位で射精した。

オナニーはしていたらしく、感度はよかったものの、その日はやはりイクことはなかった。

結局妹が初めてイッたのは、三回目のにうちにきたときのセックスだった。

イくことを覚えると、セックスの回数も増えて、だんだんと彼女とのやりくりも大変になり、結局彼女とは別れた。

彼女と別れてからも、今でも妹とは時々連絡を取り合ってはセックスをしている。

さすがにプレイも飽きてはきたが、10代の体はあまりにも気持ちよすぎる。

コメント

  1. 匿名 より:

    結局、姉妹をヤッたんだ。