【夫婦交換】雑魚寝していた友人夫婦とスワッピングSEX

30代半ばの夫婦で
まだ子供はおりません

妻は結婚前に付き合っていた彼氏と
SMやアナル開発され
かなり淫乱に調教されていて
夫婦の営みの時に
妻はかなりHなテクニックを使ってくれるんです

それでこの前、
近所に住む友人夫婦と
土曜日に自宅で焼き肉パーティーを
したいと妻が言ってきました

私はいつもその奥さんを見ると
奥さんを頭の上から
足の先まで食い入る様に視姦して

「こんな綺麗な人妻と
一発できたら幸せだな
それにあの尻たまらないな」

といつも目で犯していました

「あなた、聞いているの」

「ああ~そうだねいつも奥さんに
お世話になっているお礼もしなくてはね」

「え~何いつものて?」

「いやいつもお前が
お世話になっているからだよ」

と私が言うと、

「OKね じゃ後で
奥さんに言いに行くからね」

そして、土曜日になり招待した時間に
ご主人と奥さんが来られました

私はご主人とは、挨拶する程度の
お付き合いしかしてません

妻と奥さんは親友同士で
ショッピングとか食事によく行く仲です

「あなた私と奥さんで支度するから
ご主人のお相手してくださいね。
それとお世話になっているから
お礼も言ってくださいよ」

と妻が言ってきた

私「いつも家内が奥さんに
お世話になっています」

とお礼の言葉を言いました

すると、ご主人は

「いいえ、こちらこそ奥さんに
は色々とお世話になっています」

とニャッとした顔で挨拶されました

私はその時のご主人の言った言葉が
気になりましたがすぐに
忘れてしまいました

その時妻が

「パーティーの用意ができましたよ」

と言ったので庭の方に移動しました

ご主人は

「凄いご馳走ですね!
家ではこんなお肉食べれませんよ」

と言い椅子に座りました

私はご主人にビールを進め
2時間ぐらい世間話しをしました

妻も奥さんもビールがまわり
4人で次第にHな話になり
盛り上がってきた時

ご主人が

「旦那さんいい奥さんですね
いつもこんな綺麗でセクシーな奥さんを
抱けるなんてうらやましいですよ」

と言われたんです

私も

「いや~旦那さんの奥さんも
セクシーで魅力的で
それにあのお尻なんか最高ですよ
家内とは大違いですよ」

と男二人でエロバナに
はなが咲きました

妻たちは

「二人で何こそこそ話ししいてるの?
私たちに聞かれたらまずいことなの」

すると
ご主人は妻に

「こんないい体の奥さんを抱ける
旦那さんさんがうらやましいです」

と奥さんの前で妻に言いました

すると奥さんは

「あなた、どうせ私の体は奥さんと
比べたら月とスッポンね」

私も

「どうして奥さんの体も
セクシーで私好みですよ
できたらお相手したいくらいです」

妻は

「何言ってるの奥さんが
困っているじゃ無いですか」

ご主人が

「それじゃ旦那さんに抱いてもらったら」

妻は

「ご冗談でしょう
そんなこと出来るわけないでしょう
ねえ奥さん」

と言いました

4人ともその場で笑いました

でも4人の頭の中の考えは
同じだったと思います

夫婦交換、スワッピング乱交という
行為が脳裏をよぎったんです

それからの展開は4人の

いや私を除いた3人の
筋書き通りに運んで行きました

知らぬは私だけ

夜も遅くなりご主人は
かなり酔われたみたいで
その場で寝てしまいました

奥さんが起こしても起きません

それで妻が

「それじゃ奥さん旦那さんも起きないし
うちの家で泊まって明日の朝帰ったらいいじゃない」

奥さんは

「そうねそれじゃ泊めてもらうわ」

妻は

「それじゃ1階の部屋で
4人で雑魚寝で寝ましょう」

私も酔っぱらっていたので
二つ返事でOKしました

奥さんと私は旦那さんを
家の中に運び寝かそうとした時
偶然に奥さんの胸に手が当たり
その時奥さんは私を見て

「どう私のおっぱい大きいでしょ」

と私の手を取り
もう一度胸を触らせました

私は少しの間胸を触っていましたが
妻がこちらを見たので手を胸から離しました

そして私、妻、奥さん、旦那さんの順に
仲良く並び寝る事に成り

妻たちは下着姿になり
奥さんも私の前で恥ずかしがることもなく
私に見てくださいと言わんばかりに
Hな紫色のレースのTバックを見せました

先ほどの事もあり
私のトランクスの前の部分が反応したので
後ろ向きに体を向けた時
妻の下着姿が見えました

「あれあんな下着あったかな?」

それは上下黒のシースルーの
セクシー・ランジェリーでした

私は最近、妻の洗濯物が
派手な色の下着が多いなと思っていましたが
この下着は初めてでした

そうこう思っている間に
4人とも雑魚寝しました

夜中、私がトイレに行くのに
目を覚ますと、横にいた妻がいません

トイレに行ったのかな?

と思い隣りの夫婦を見たら
ご主人がいません

私はまさか妻とご主人が

トイレの方に行くと二階の方から
かすかにHな声がしました

そして階段の真ん中位まで上がった時

「はぁっはぁっ」

その声は妻の喘ぎ声です

妻がSEXしている時の声

私は、音を立てず上に上がり
部屋のドアを少し開け覗いた時
妻が四つん這いにされご主人が後ろから
妻のおまんこに
ペニスを挿入していました

妻は

「いい~いく~う
もっと、もっと奥までいれて~」

私は何故か妻が寝取られている事に
物凄い興奮を覚えその光景を見て勃起し
いつの間にか自分でシゴいていました

すると後ろに人の気配がし振り向くと
何とそこに奥さんが立っていました。

私はびっくりして声が出そうになった時
奥さんが私の口を手でふさぎ

奥さんは

「うちの旦那と奥さんHしてるんでしょ!
だったら私たちも同じ事をしましょ」

私は何が何だかわからなくなり
そして私と奥さんは一階の部屋に戻り
私は奥さんを抱きしめキスをし
夫婦交換する事に

そして右手で乳房を揉んで
そして次に下着がの中に手を入れた時
有るはずのマン毛がありません

私は

「奥さん毛がないんですか?」

奥さんは

「旦那の趣味なの
その内奥さんも剃られるよ」

以前私が妻に

「毛を剃ってもいいかな?」と言ったら
「そんな変態観たいな事はいや!」

と言われたことがあっことを
思い出しました

私は奥さんのパイパンおまんこの
割れ目を指でなぞり
敏感なクリトリスを舐めたり吸ったりし
そして奥さんのおまんこからは大量の愛液が

「奥さん見てください
私の指がこんなにベトベトに濡れていますよ
そろそろ入れますよ
いきり立った私のペニスを
奥さんのスケベなおまんこに」

奥さんは

「いやぁ、恥ずかしいっ!
 私こんなの初めて
旦那さんのテクニックが
あぁぅ すごくいぃ~もっと突いて」

すごく淫靡な喘ぎ声で
私は二階の妻に聞こえないかと
奥さんの口を手でふさぎ
激しくピストンを続けました

私は奥さんの喘ぎ声に興奮し更に責め続けました。

今度は奥さんを後ろ向きにしてバックから挿入しようと腰に手を掛けお尻を私の顔の方に向けた時、
奥さんは「ねえ後ろの穴を責めて…アナルを犯して」

私は妻にもした事が有りませんでした。私も初めての経験です。

私は指でおまんこから流れ出した愛液をアナルに…そして念入りに穴をほぐし指を挿入しペニスが
入るようにしました。

奥さんは「もう入れて大丈夫だから」

私はペニスをアナルの穴にゆっくり挿入しました。

ヌルッと直ぐに私のペニスは簡単に入っていきおまんことは違う感覚でした。

奥さんは「うぅぅ はあっ はあっ あひぃっ」何とも言えない声で…

私はさらにピストン運動を続けそして私は大量の精液をアナルに放出してしまいました。

奥さんも、同じときにオーガズムに達したみたいです。

しばらくして、ペニスを抜いた時奥さんの開いたお尻の穴からは、大量の精液が流れ出てきました。

そして奥さんは、抜いた私の汚れたペニスを口に含み「こんな大きいなオチンポが私のお尻の穴に入っていたの」と言い念入りにしゃぶり取ってくれました。

私のペニスは先ほど出たばかりなのに、奥さんの口の中で見る見る内に大きくなって行き、そして奥さんの口の中に出してしまいました。

奥さんは、微笑みえを浮かべ飲み込んでくれました。

ふと後ろを向くと妻が全裸でひざに両手を付け私を見ながら…
その後ろに、ご主人が妻の腰を両手でつかみオマンコに挿入され喘ぎながら私たちの行為を見ていました。

その時妻も絶頂に達しその場に倒れました。

妻の膣の中からはご主人の精液が流れ出ていました。

ご主人は、奥さんに「旦那さんはどうだった?」尋ねたら、
奥さんは「思った通り、すごく上手で気持ちよかった。」

今度は妻に「家の旦那はどうだった?」
妻は「いつもより興奮して・・ すごく良かった」

私はこの妻の言葉で、妻は前からご主人とセックスしているのだと悟りました。

そして妻から「あなたビックリしたでしょう 実はご夫婦とは半年前からこんな関係なの。私、毎日の生活が平凡で何か刺激が欲しくてと奥さんに話をしたの。」

「そしたら奥さんが、私いい所知っているの一度行ってみる…と言われたので興味が有ったので行ってみたの、そこはハプニングバーだったのよ。 奥さんこんな所に出入りしてるの」

奥さんは「時々ね私も刺激が欲しいとき来ているの」
妻は「旦那さん知っているの?」

奥さんは「まあ入りましょう入ればわかるわ」

妻は「奥さんに入るように勧められ私は不安と期待の興奮で何が何だか分からない間に奥さんに連れられ入って行ったの」

「中はうす暗くてよく見えないけど、3~4組のカップルと何人かの男性が居たの、その内一組のカップルが私たちに見える様にキスを始めたの…」

「段々行為が激しくなり、男性が女性のスカートの中に手を入れ私の方を見てるの。」

「私も興奮してきて自然に服の上から乳房を触っていたの。」

「それで横の奥さんを方を見ると、座っていた奥さんがいつの間にかいなくなって、周りを探したら斜め前のカウンターの椅子に男性と座っていて、男性の手は奥さんのお尻を触っていたの。」

「奥さんは、振り向いて私に此方に来る様にと手招きして呼んだの。それでカウンターの所まで行くとその男性はご主人だったの」

ご主人は「奥さんビックリしましたか? 私たち此処の常連です。」

「前からうちの家内が奥さんを誘って仲間になっていただきたいと思っていて、今回家内にから奥さんが刺激が…と聞いたのでこの店に来て頂きました」

妻は「私もこう言うお店はどんな所かは知っていましたが…ご夫婦が常連と言う事がびっくりでその場は何も言えなかって黙っていたら」

ご主人はが「席を変えましょう…ソファーの方にとわたしを連れて行き二人の真ん中に座らされたの」そしたら
ご主人が「奥さん向こう席を見てください」

妻は「見ると女性が下着を脱がされ二人の男性に、一人はオマンコを舐め、一人はペニスを女性の口に入れしゃぶらせていたの。」

「私その行為を舐める様に見ていたら、ご主人の手がスカートの中に入って来てオマンコを触られ興奮の余り抵抗もできなかったの」

「そしてご主人が『ほら奥さんこんなに濡れていますよ』と私の愛液で濡れている指を見せられたの。」

「そして今度は私の手を取り、ご主人のズボンの前に持って行き勃起して大きくなったペニスを握らされたの。」

「私は握らされた瞬間何故か自然にペニスをシゴいていて、そして私はその大きなペニスを口に含んでフェラしてたの、その時私は、もうどうなってもいいと思いご主人に体を預けたの」

私は妻に「それからどうなったのか」と尋ねました。

妻は、「それからは、周りでご主人との行為を見ていた他の複数の男性におまんこやアナルを触られ、そして何人もの男のペニスがおまんこやお尻の穴そして私の口にも入れられ大量の精液が流れ出したの」

私は、「何人もの知らない男のペニスがお前のオマンコやお尻に入れられたのか?」

妻は、「そうよ、私の穴と言う穴にペニスが入ってきたの。私気が狂いそうな快楽で何回も絶頂に達したの」

私は妻の言葉で興奮し、妻を無性に犯したく成りご夫婦の前で妻を抱きました。

まだご主人の生暖かい精液が残っている妻のおまんこに私のペニスを挿入しピストンを続けました。

妻は「あなた、いいわ~もっとついて…私を犯して~」

私は2回も射精したのに物凄い量の精液が妻のおまんこに放出しました。

そしてその後見ていたご夫婦と4人で乱交しました。

いま私たち夫婦は月3回ほど妻を交換しお互いのSEXライフを楽しんでいます。

妻は「今度は違うご夫婦としてみたいな~私違うペニス食べてみたいの」と私に言いました。

私も「そうだな・・。 俺も違うオマンコも食べてみたいな」

私たち夫婦に、今後どんな性生活が待っているのか楽しみです。