同窓会で美熟女マドンナに再会して修羅場に巻き込まれた

40歳の時に中学生の時の
同窓会があり参加しました

今まで一度も同窓会には
参加してこなかったんが
この年になって初めて
出席する事にした理由は
唯一会いたい女性がいたから

当時クラスのマドンナ、いや学年のマドンナの
美由紀が来ると聞いたから
同窓会に参加したんです

当日来たのは15名で
美由紀の容姿は変わりなく綺麗で
また長身もあってジーパン姿でも
スタイル抜群なのがわかる
美熟女になっていました

とても中校生の子供がいる
人妻とはとても思えません

元々中学時から年上に見られ
早熟で大人っぽい顔立ち

スタイルも一見細く見えるのだが
太腿などは中学時代から成熟しきっていて

他の女子の下半身と比べると
大人と子供の差に見えるほど

顔立ちは勿論、年を重ねた今が
さらに綺麗で、当日も他の女性達から
嫉妬の視線を浴びるほどの美熟女に
成熟していた

中学当時男子の中で
一番もてていた村松とは卒業以来の再会で

「高橋久しぶりだな、おまえも美由紀か」

と明らかに自分同様に
美由紀との再会が目的である

美由紀は

「村松君も高橋君も久しぶりよね」

変わらぬ明るく、昔から姉御肌で
そして横には彼女の親友の寛子だ

美由紀と寛子は卒業後も
ずっとつき合っているらしく

寛子は美由紀と逆に物静かな
性格の記憶であったが背が高いのは共通だった

また二人とも離婚経験していたが
寛子には子供がなく
我々男二人は未だに独身を通している

宴もたけなわ、村松が

「高橋よ、美由紀と寛子を連れて
4人で飲みなおそうぜ」

すでに村松は二人にコンタクトをとっていて
俺は勿論イエスの返事

ある意味クラスの中心的だった
私達4人が先に会を抜けてしまうと
同窓会自体が寂しくなるのは
目に見えていたのだけど

嫉妬の視線を感じながら4人は
一足早く同窓会を後にして二件目に向かう

女性陣の「何処でもいいよね」の言葉に
とりあえず歩いて店を探すことに

外から覗くとたまたま4人掛けの
テーブルが空いている店が
あったので早速入る

そうここから地獄体験の始まりだった

我々4人が座っているテーブル横の
カウンターに1人の男

はっきり言って冴えない風貌で
年は推定65歳位だろうか

髪の毛も白いものがほとんどを
占めて当然セットはされてない
太目のオヤジだ

テーブルとオヤジのカウンターは近く
最初から美熟女マドンナの美由紀に
興味を持っているのは明らかで

時々TVを見ている振りをしながら
半身の体勢で美由紀にエロい視線を
投げかけたり

また店の御用聞き女性に
話をかけていたりしていたので
相当な女好きだなと感じる程度で
最初のうちはあまり気にしてなかった

時間の経過に比例してどうしても気になるのか
美由紀を見る頻度が多く長くなっていく

奴の席から一番近いのが美由紀で
細い通路から無理して
近づくと手が届く距離

その視線は我々の存在を
無視するほど美由紀に夢中になっていた

40才のオバサンになったとはいえ
我々のマドンナに、親ぐらい離れた
冴えないオヤジが興味を持つことが許せなく

次第に村松と共にイラついてくるのだが
何故か見られている美由紀本人は
エロオヤジのほうを向かずに
知らん顔を装い辛抱していた

中学時代の美由紀だったら

「何ずっとこっちを見てんだよ
このオヤジ!」

と必ず喝を入れているはずなのだ

まあ我々で一喝するのが道理だが
まさかこんなエロ爺に
文句を言うほど俺も落ちぶれてないぞと
この場は相手にしないほうがいいと
思っているうちに事件は起きた

気が強いはずの美由紀が
長く直視されていても何も注意をしないので

村松が堪忍袋の緒が切れて立ち上がり
オヤジに

「何見てんだよ、いい加減にしなよ」

と肩を掴んでしまう

触られた瞬間に男は
右手で村松の手を振りはらうのだが

その仕草が他の誰が見ても屈辱的に見えて
今度は頭に来た村松が
男の胸元をつかんで立たせ
押し倒してしまった

倒れたオヤジは腕をおさえて
激痛の表情になり、店内が騒然となってしまう

店主が出てきて事情を聞くが、村松が

「このオヤジが美由紀を
ずっと見ていてそれで」

そんなことで手を上げてしまうことに
筋が通るはずは無いことが
我々もわかっていたのだが、店主は

「よしわかった」

と言い店奥に消えてしまった

そしてしばらくすると
警察官が来て我々を連行し

その後結局事情聴取の後
村松は留置所に入ることになってしまうのだが
店に入るところからそこまでが
本当に一瞬の出来事だったので
残された3人は呆然とするだけだった

仕方なく警察署を出た
私達3人に名案が浮かぶはずも無く
さっき問題を起こした店に戻ることにした

自然と店に向かうしか道がなかったからで
着くと店にはまだ電気がついていて
店主とあの男が私たちの来るのを
待っているかのようにカウンターに座っていた

一足早く店に帰ったばかりの男に
当然村松を助けてほしいと3人で
お願いしたのだが、奥から出てきた店主が

「なにふざけた事言ってるんだよ
こっちはそれどころじゃないんだよ
店内であんな事になっちまったから
俺も警察に呼ばれるし、お客には帰られるし
踏んだり蹴ったりだよ
どうしてくれるんだよ」

仕方なく3人の持金6万円を店主に渡して
再度オヤジに村松の釈放をお願いした

すると驚愕の提案をされたのである

「単刀直入だが
今晩そちらのレディと
ご一緒させてくれたら明日の朝
彼は自由になる?
誤解してほしくないけど
あくまでも提案だよ1つの」

私は初め何を言っているのか
理解できなかったのだが
美由紀と寛子はある程度は覚悟していて
想定内の言葉だったのか

お互い見合ってどっちなの?
という表情をしていた

元々美由紀を視姦していたのが
事件になったわけで当然男は美由紀を指差し

「あんたのほうだ。
別に俺はどうでもいいんだ
もう帰ろうと思っていたところだし」

と言いながら、目や口元は
美由紀がまんざらでもない表情を
していることから嬉しさを隠せないでいる

実は私はその時の寛子のわずかな
落胆の目を忘れることができない

まさか美由紀ではなく
自分が選択されるとでも思っていたのか

しかもこんな下品な
エロオヤジとだぞ

私は

「なにされるかわからないから
拒否しよう美由紀
しかもあのオヤジ絶対気味悪いよ」

すると美由紀は決心したかのように男に向い

「いいよ今夜だけだったら
私もこう見えてもう40歳のオバサンだし
それでもよかったら」

そう寛子の微妙な態度からも
断ると寛子が変わりにと言うような
雰囲気で思わずイエスの返事をしてしまう

オヤジは

「本当にいいのか
今晩だけだけど覚悟できてるのか?」

美由紀はわざと寛子の反対側の横を向き

「そのかわり約束は果たしてよ」

と吐き捨てる

まさかまさかの展開だったが
絶対に後戻りはできない雰囲気の中

「それじゃ夜も遅いし早速行くか
まあ君たちも一緒に来たまえ
彼女もそれのほうが安心だろ」

そして4人は仕切られたレールに
乗るようにホテルに向かい
エロオヤジにクラスの美熟女マドンナが
恥辱されたのだった