オナニーすると精子が顔まで飛ぶ男性が美熟女女医に診察してもらう

性のコンプレックスは
人それぞれで他人には
なかなか理解できないものもあると思います

僕の性のコンプレックスは
精子が飛びすぎる事なんです

僕がはじめてオナニーを経験した時
ものすごいザーメンが勢いで飛び散って
まわりが汚れてしまったんです

その時、プレイステーションに
ザーメンがかかってしまったので

次からはティッシュに
亀頭を包んでからオナニーするようになりました

でも、友達とかの話を総合すると
どう考えても僕の精子の飛び方は
尋常じゃありません

仮に寝ながらオナニーをしたとすると
みんなは、お腹にたれるか
腹のあたりに飛ぶくらいでした

ところが、ぼくの場合は
自分の顔をはるかに超える程
ザーメンが飛ぶんです

頭の上に壁があるとすると
その壁にかかる量の方が多いと言えば
想像がつくでしょうか

こんな事から
真剣に悩んでしまったある日、

意を決して病院に
相談しにいったんです

すると、幸か不幸か
女医さんが担当医でした

それでも、三十路で
セクシーな美熟女女医

一度射精するところを
確認したいと言うので
言う通りにしました

まず、ベットに座って
両足を床に伸ばした状態になりました

女医が見守る中

二人の看護婦さんに左右から
オチンチンを刺激されました

緊張から、なかなか射精できないでいると
女医が一人の看護婦に
フェラするようにと指示して
看護婦さんにフェラされました

さすがに、射精しそうになって

「出そうです」

と言うと口からはなして
手でシコシコされながら目の前
(といっても2メートルくらい離れている)の仕切り壁のような
所めがけて発射しました

それでも、最初はかろうじて
壁に届くくらい飛び

残りは手前に飛び散りました

二人の看護婦さんも、女医さんも
僕のザーメンの飛ばす距離に
かなり驚いたようで
いった瞬間

「わぁー」「すごーぃ」

といった感じに小さく声を
漏らし感動していたんです

かなり気持ちよかった気がしましたが
こんなにザーメンが飛ぶのはいやだったので、

「ちょっとだけ
飛ぶようにならないか」

と美熟女な女医に相談したら

これは、基本的に直せないと
言われてしまいました

それだったら、確認する必要があったのかって
今でも思います

でも、その看護婦のうちの一人がこっそり

「もう一度見たい」

と言ってきたので、冗談で

「プライベートならいいよ」

と言うと
OKされました

こっそり看護婦と携帯の番号交換をして

後日、本当に看護婦と会いました

でも、なぜかその子の友達も二人いて
僕を含めて4人で

とあるマンションの非常階段の
踊り場に行きました

どうやら、3人とも僕が射精
する所を見たかったようです

「オナニーして見せて」

と言われたので、

「自分でオナニーなんかしないよ」

と言うとその看護婦が

「じゃあ私がしてあげるから
いきそうになったら言ってね」

と言ってきました。

僕は3人の女性に囲まれ
ハーレム状態で
ちんちんをシコシコされました。

もちろん数分後、踊り場の壁に
ドピュッ~!っと発射しました。

友達の二人の子は
ものすごく驚いていました

僕は、一人の子の胸を触るとその子に
「駄目」と嫌がられて

それを見ていた看護婦さんが
今度私がセックスしてあげるからと
なだめられたので
そのときは我慢しました。

でも、その後
その看護婦さんとは連絡がつきません。

あんな恥ずかしい事を見せさせておいて
胸すらもませないなんて
まさに、いいように
扱われてショックを受けました!

僕のザーメンは見世物じゃないんだぞ

本当に屈辱的なオナニーでしたよ