【逆痴漢】男子トイレで変態美熟女がチン毛の生えていない少年に性的虐待

入学式を終えて中学生になり
まだ午前中授業の時でした

僕は中学校まで自転車通学をしていたんですが
帰宅途中に急にオシッコがしたくなり

砂場と滑り台しかない
小さい公園の公衆トイレに駆け込みました

平日の昼間ですから人影は無かったと思います

男子トイレの
小便器に向かいオシッコをしていると

「ごめんなさい、ティッシュ持っていますか」

と小便器の横に位置する個室の中から
女性の声がしてきました

誰も居ないと思っていたし、
しかも男子トイレの個室の中から
女性の声がしたものですから
おしっこが止まりそうなぐらいびっくりしました。

「あっはいカバンに入っているから今持ってくる」

オシッコを終えて自転車に戻り、
学生カバンごと持って再度トイレに入りました

「ティッシュ持ってきたよ」

「ここから頂戴」

って個室の扉の下の隙間から白い指先が見えました

僕はカバンからポケットティッシュを取り出し、
その手に渡してあげました

「ありがとう。時間大丈夫かしら
お礼がしたいからそこで待っててくれる」

「うんいいよ」

僕はそう答え、待つことにしました

思春期で女性の体に興味を持ち始めた
エロガキの僕は
覗いてみたい衝動に駆られました

そおーっとしゃがみこんで扉の下の
隙間から中を覗き込んでしまいました

かかとの高い女性物の靴が見えて、
真っ白いむき出しのお尻が覗けました

時折、お尻の下にティッシュを持つ
手が見え隠れしていました

そして突然水を流す音、
その音にハッと我に返り急いで立ち上がりました

でもズボンの前は硬くなって膨らんでしまいました

エロガキ中学生の頃ですから、
一度そうなったらすぐに静まるはずがありません

ズボンの前を隠す様にカバンを持ち替えました

少しして扉が開き女性が顔を見せました

髪の長い服装も顔立ちも上品そうな熟女でした

年齢は、その頃の自分の母より
少し若いぐらいの三十路熟女ぐらいだったと思います

ニコッと笑って「中に入りなさい」

と思ってもいなかった事を言うものですから
驚いてしまいました

躊躇していると

「早く、人が来るでしょう。」

仕方なくカバンで前を隠しながら
三十路の美熟女に誘われるまま
オズオズと個室に入りました

トイレの個室に美熟女と
二人きりで居るという事で、更に興奮を高めました

「私のお尻、覗いていたでしょう」

「ううん、見てないよ。」

「そーかなぁ、そのカバン除けてみなさい。
ほらーこんなに膨らんで、
おちんちん硬くなっているんでしょう」

「ごめんなさい。」

「いいのよ、女性に興味を持ち始める年頃だもんね。
私のお尻でそんな風になってくれて嬉しいわ」

「お尻見たい」

コクリと無言でうなずきました

「いいわ、ティッシュをくれたお礼よ」

と言って、その場でパンティを脱ぎ、
後ろ向きになって
スカートをめくってお尻を見せてくれました

間近で見る大人の女性のお尻

僕はただ呆然として食い入る様に見ていました

少しお尻を突き出す様にして、
自分でお尻を撫で回しながら
お尻をダンスするように振ってくれました

「ねー、オナニーとかするの」

と聞いてきました。

その頃の僕はオナニーという言葉はもちろん、
おちんちんを握って包皮を上下に
滑らせてするという方法も知らず

ただ巾着の様に先に余った皮を
摘んで引っ張ったり押し付けたりして
弄っているうちに、
おちんちんの奥の方にムズ痒い感覚が走って
射精するというものでした

「オナニーっていう言葉を知らないのかな
じゃーおちんちんを弄ったりする」

「うん、弄ったりするよ。」

「どんな風にするのして見せて。」

その頃は、おちんちんに毛が生え始めて
もっとも恥ずかしさを覚える時期でしたので、
見せるのには抵抗がありました。

「お尻だけじゃなく、前も見たいでしょう
見せてくれたら私も見せるわ」

目の前の痴女な美熟女のおまんこを見たいという衝動に
勝てるはずがありません

ベルトを緩め、
ズボンとパンツを膝下まで下げました

「まだ剥けてもいないしキレイに
生え揃っていないのね、カワイイわ。
じゃーいつもしている様にして見せて」

僕は先っぽの皮を摘んで、いつもしている様にしました

「ふーんいつもそんな風にしているんだ。
気持ち良くなって最後には白いのが出るのね」

「うん」

「もっと気持ちいい仕方教えてあげるわ」

そう言うと僕の後ろに回って、
母親が小さい男の子のおしっこのお手伝いするみたいに、
僕の顔のすぐ横に顔を寄せて上から
見下ろす様にして、優しくおちんちんを握って
逆痴漢してきました

おちんちんに触れられた瞬間
体がビクンとなって声が漏れそうになりました

「ちょっと刺激が強すぎたかな
おちんちん触られたの初めてなんだ」

おちんちんに触れられた事はもちろん、
背中に当たる二つの丸い胸の膨らみと
頬に当たる髪の毛と微かに漂ってくる
香水の香りでとろけそうな感覚でした

「じゃー始めるわよ」

と言って、優しく握った手をゆっくり
上下に動かして変態な淫乱美熟女は手コキしてきました

五感をくすぐる様な初めてづくしの感覚に、
往復ですぐに果ててしまいました

「すごく飛んだわねそれに沢山。どう気持ち良かった」

「うん」

そう答えるのが精一杯でした。
息が荒くなって、目も虚ろだったと思います

「さすがに若いわね、
射精したのにまだ熱くて硬いままだわ。
それじゃー約束通り、私も見せるわね」

今度は前を向いたまま、
露出狂のように脚を開き加減にして
スカートをたくし上げてくれました

初めて見る大人の女性のおまんこ
女性の人のそこにも毛が生えてる事に驚きました

「しゃがんで良く見てもいいわよ。」

小さい子供の一本スジの深い亀裂ぐらいしか
見た事なかったので、
目に飛び込んできた光景はなんとも複雑な
形をしていました

「見ながら、さっき教えた様に自分でしてみなさい
私もおちんちんを握った
感覚が残っている手でするわ、
尿道を通る精液の感覚も、
イク時のビクッビクッて跳ね上がるおちんちんの
感覚も残っているわよ。
一緒にオナニーしましょう」

痴女美熟女がそう言うと指先をちょっと舐めてから、
その指でおまんこの亀裂の上の方を
さすり始めました

お互いの性器を見つめ合いながら
僕もさっき教えてもらった様に、
おちんちんを握って夢中で上下にさすりました

時折、亀裂の下の方の深い溝に指を
深く押し込んでは、また上の方に戻ってさするという
事を繰り返していました

深い溝から抜け出た指は明らかに
ヌメヌメと濡れて光っていました

動かす指にあわせて腰も前後に動き始め

んんっ、あんっはぅっ
という切ない声も漏れ出しました

立っているのがつらい様で、
壁にもたれ掛かり僕の事などもはや
忘れてしまったかの様におまんこをさすっていました

その時、おまんこをさする指が
一段と早くなったと思ったら

「イクわよ一緒にイッて」

と叫び、亀裂の深い溝に
一段と深く指を突き立てていました

頭を仰け反らせ上半身がビクンッビクンッて跳ね上がり、
膝は力が抜けた様にガクッガクッて震えていました

そのままズルズルっと壁にもたれたまま
滑り落ちるようにへたり込んでしまいました

しばらく二人とも動けなかったです

壁にもたれ掛かったまましゃがみ込んでいる
変態美熟女の脚には、
僕の精液がそこまで飛んだ様で、
付着してタラっと足首のほうまで垂れて流れていました

「また会える」

って聞いたら、こんな話をしてくれました

昔、男性にひどい事された事があって、
それ以来子供のショタおちんちんでしかダメになった事

毛の生え始めたあなたのおちんちんはギリギリよって
その後、何度か足を運びましたが二度と会う事は無かったです。

立派に毛の生え揃った今では、
会えたとしても相手をしてくれる事は無いでしょう

これは後で気付いたのですが、
小便器の横の個室の扉の隙間から用を
足している男性自身が見えるのです

おそらく、変態痴女熟女は
ここから覗いて童貞のまだ毛の生え揃っていない
幼いショタおちんちんを物色していたのではないかと思います

それに今考えると、男子トイレで

「ティッシュ持っていますか」

と聞くのも変ですし、
扉の下から手を見せたのも

ここから覗けるわよって気付かせるためだったのでは、
それから股間を拭く仕草もただの
ポーズだったのではないかと思えます

まだちょっとしたチン毛が生えていなかった僕は
あの変態美熟女には絶好の獲物に見えて
誘惑してくれたんだと思います