50代熟年夫婦が初めてのスワッピング(夫婦交換)イベントに参加

55歳になり息子達も自立しまして
私達熟年夫婦は休みがあると
頻繁に夫婦水入らずで旅行するのが趣味なんです

これは先日、
古民家の貸別荘での出来事でした

五十路の熟年夫婦ですが
月に数回の夫婦の営みがあります

しかし、当然ながらセックスマンネリしていました

でも元々夫婦でSEXが好きな事もあり
刺激的なことを探して少しでも良いSEXが出来るように
試行錯誤しています

しかし、妻は真面目で、他人を交えて乱交とかではなく
コスプレやカーセックス程度で、
私はいまいち満足できません。

いつか妻に他人棒を、
上手くいけばスワッピング乱交でもと思っていた矢先のことです

ある日の掲示板に、

「貸別荘でスワッピング」

の見出しを見つけました

これはと思い、妻に内緒で参加のメールを送りました

すぐに乱交サイト主催者からのメールがあり
、スワッピングの参加者があれば
お互いを現地で引き合わせてくれるシステムでした。

お互いの条件が成立すれば
報酬を支払うようなシステムになってました

平日の予約をすすめられたので、
とりあえず、早い方がいいと思い月曜日に
乱交会場の古民家の貸別荘を予約したところ、

すでに6棟のうち3棟に予約が入っていました。

すぐに1棟を予約できたことをメールで連絡すると、
その後すぐに主催者から、
相手の方が見つかりましたとメールがありました。

40代後半のご夫婦で
何度か予約されている方のようです

当日の時間と貸別荘の場所を聞きました

あとは、現地で時間指定した別荘へ行く手はずで、
当日までが楽しみでした

当日を迎え、何も知らない五十路塾妻は1泊2日の旅行気分で、
指定された場所となる、
富士山の近くの古民家の貸別荘へ向かいました

予定の時間はPM10時です

農場もあり、景観、雰囲気も良く、
夕食は予約通り古民家のスタッフの方が
バーベキューを用意してくれ、
熟妻はビールと焼酎で出来上がっています

私は、その後の出来事が楽しみで早々と食事もすませ、
時間までウッドデッキで寛いでいると、
隣の棟から男性に会釈をされました

こちらを気にされていたので
私も挨拶すると、こちらへ来られました。

薄暗い中でも爽やかそうな営業マンと解るくらいの男性で、
年齢も40代後半?と思われます。

その雰囲気でこの夫婦だとすぐにわかりました。

「今日はご夫婦で来られたのですか?」

と聞かれ、

「はい、ここへは初めてなんです」

と私も緊張気味に答えました。

「私たちは三回目です」とご主人

「そうなんですね~
今日は妻に内緒なので心配です」

と 正直に言いますと

「私たちに任せてください」

と頼もしいご主人

私はその言葉にすこし安心し、
では10時にと話の先が見えないまま部屋にもどりました。

そして、妻には隣の棟の同年代の方と
一杯やると説明したのを軽く思っているようでした

10時までには1時間ほど時間もあり、
私は少しでもスムーズに行くことを願って、
妻の身体に火を入れるつもりで、
浴衣の裾をまくりあげました

すると、熟妻も夜のためにと
セクシーランジェリーの
ピンクの穴あきショーツをはいていました。

私は興奮を抑えきれず、
熟妻をその場に倒しこみ、
ピンクの穴の奥へ舌を入れました。

思った通り膣穴の奥からは
濃厚なゼリーが流れ出ています。

私は花の花弁に群がる昆虫になったように、
ヒダにむしゃぶりつきクンニしました

熟妻の身体にも火が着いたようでしたが、
ココは我慢と思い挿入前で時間を促すサインを送りました

10時に妻と二人で隣の別荘をノックすると、
先ほどの男性と奥さんが出迎えてくれました。

二人ともお酒が入り気分よくでき上がってました。

とりあえずビールで乾杯し、
すぐにエッチな話に盛り上がり、
お互い気分もハイテンションです。

私たち夫婦もかなり酔っていたので
話の流れもスムーズでした。

妻の身体も火が灯ったままで、
オマンコからもゼリーが流出ている状態でしょう

妻がトイレに立った時、隣のご主人が私に、
奥さん大丈夫ですか?

と確認してくれましたので。

先ほど部屋であったことを話しました。

ご主人もすこし興奮したのか、下半身を触りながら、

「では私の方からやりましょうか!」と

妻がトイレからもどり、
すぐに先方のご主人が妻の横に座りました。

妻は酒の勢いもあり少し浴衣の前を
はだけた状態で焼酎を口元へ

その瞬間、ご主人が妻の肘にかるく当たり焼酎をこぼしました。

浴衣は濡れ、その勢いでご主人が
妻のはだけた浴衣の下へ手を入れました

妻も慌てて後ろへ転び、
ピンクの穴が中までパックリ!

これを見ると収まりも着かず
ご主人が妻の股間へ顔をちかづけペッティング

酔った妻もどうにでもなれって感じで、
私に助けを求めることなく
ご主人の顔をピンクの花弁へと誘ったのです。

消えかかった火に油を注いだように妻の身体は反応し、

反り返ったまま早くちょうだ~いと
ご主人の大きくなった股間へ手をそえました

私も奥さんを一人にすることもできず、
二人で二階の部屋へと上がり
夫婦交換のスワッピングになりました

先ほどの二人を見ていたのもあって、
私たちも気が狂ったように激しく絡み合いました

激しいうめき声も収まり、一階へ降りてみると、
妻はまたご主人の物をくわえていました。

私に気がつき、ハッと我に返ったようで
恥ずかしそうに慌てて部屋を出てしまいました。

妻を追いかけ、車の前で追いつきました。

車のシートを倒し激しく二回戦となりました。

気が付いた時には車で寝てしまったようで、
朝を迎えていました。

朝ぶろに入り、隣の別荘を見ましたが、
もう帰られていたようです。

せめて電話番号を聞いていればよかったと後悔です

次の月曜日も予約しようか

いま熟妻の顔色を伺いつつ
もう一度スワッピング乱交をしようと計画しています

シェアする