ナンパしたチビな五十路熟女が膣痙攣して病院行き寸前

出張先でナンパするのが好きな俺

もう一生会うことないだろうから
強気になってかなり強引にナンパしてしまう

俺は熟女おばさんマニアなので
狙うのは四十路以上の素人おばさん

それでこの前の出張でも
ナンパして五十路のおばさんとエチエチできた

ナンパは成功したけど
ホテルの前まで連れて行くと

「ダメよ そんなの・・・」

と言っていたが強引に
部屋につれこんだ

ナンパについてくるぐらいだから
おばさんも恥ずかしがっているけど結構乗り気

 
部屋に入って直ぐに抱き付きキスすると
抵抗することもなくすんなり受け入れディープキスで
唾液交換でチュパチュパとベロが交じり合う

服を着たままベッドに押し倒しキス

手をスカートに入れ、パンティをずらして
おばさんのはかなりの剛毛マン毛

マン毛をかき分けてクリやマンコを触り
手マンすると
たったそれだけでおばさんのオマンコは大洪水

その間もずっとダメよと言い続けながらも
アヘ顔になっている淫乱五十路おばさん

手マンでかなり感じてきたようなので、
セーターを脱がせてブラをめくって
そのまま胸を出しペロペロのおっぱい責め

レーズン大で黒ずんだ乳首がまたたまらない

そろそろ入れようと五十路熟女を上に乗せて騎乗位で挿入。

彼女は身長140程度とチビなので狭いかな?

と思ってはいたのだが、
出産をしていたからか締まりは感じずすんなり中へ・

ちょっと弛いかな、
なんて思いながらズボズボと騎乗位で出し入れしてた

おばさんもその頃には痴女っぷりを発揮して
腰を振り、気持ちよさそうにグラインドしている

熟女らしい低めのあえぎ声が聞こえてくる。

事件はその後で起きた。

10分ほど騎乗位を楽しんだ後、体位を正常位に直したのだが、
ピストンしているとなんだか妙な感触に気がついた

ん?すぐ抜ける?

おかしい・・・

いや・・・違う・・・

なんと中が締まりすぎて、入っていかないのだ。

どんなに押し込んでも先が少し入るだけで
それ以上入っていかない

結局入りきらず・・・入り口付近だけで、
クリをいじりつつズボズボ。

彼女も俺もどうにかイクことは出来たが、
あそこまで締まって入って行かないのは初めてだった

どうやら膣痙攣していて
オマンコの奥がぎゅっとしまっていんだとか

あのまま無理に挿入したとしたら
病院行きか?

そう考えるとちょっとヤバかったww