ムチムチ色白な還暦母と中出しSEX

母は恵理子といい今年60歳になり
会社を退職したが
働く事が好きな母は
市内で福祉関係のボランテイアの活動をしている

母は10歳くらいは若く見え
五十路熟女にしかみえない

そして60歳になった今も
まだ生理もある

背は決して高くはないが、
とにかく体全体が丸みを帯びていて
ムチムチで色白の悩殺BODYをした還暦母

どちらかというとかわいい部類の顔

顎の線から首筋に至るラインは
いつ見ても鼻を擦りつけたくなる

ぱんぱんに張ったタイトスカート越の豊満な巨尻

浮き出る切れ上がったパンティーライン

たまにしゃがんだ時に見える匂い立ちそうな内股は
いつ見てもしっとり汗ばんで見える。

還暦母は自分の脹脛が太いのを気にして
いつも丈の長いスカーを履いているが、
スリットから除く脹脛全体と膝小僧は十分悩殺的だった

俺にとって母の恵理子の女体は
どこもかしこもオナニーのネタだった

前から母に近親相姦願望があったが、
ますます熟れてくる恵理子の女体に俺は勃起しっぱなしだ

俺は恵理子が42歳の時に産んだ子で今は予備校に通っている。

父は10年以上も前に他界したので
豊島区のマンションには俺と未亡人母の恵理子の二人暮らしだ

だからたまに二人が家にいる時など恵理子の
女体が気になって仕方がない

以前から恵理子の汚れたショーツでオナニーしていたが、
ある日夜中恵理子が寝た後洗濯機の中からその日
恵理子が一日中履いていたショーツを取り出し匂いを嗅いでいた

その日は特に濃厚な匂いが強く、俺は思わず「うおーーー。
お母さん!!」と叫んでしまった。
なんと、その異常な光景を寝たとばかり思っていた恵理子に見つかってしまったのだ。

「お母さん全部知ってたのよ・・・」
と妖しい表情で俺に近づいてきた恵理子はすっとしゃがむとむちむちで真っ白い生足の太ももを露出させながら俺のペニスに手を添え、いきなり”かぷっ”と咥え込んできた。

正直これにはたまげたが、恵理子の口が往復する度に俺のペニスは恵理子の喉の奥に咥え込まれ、先端が恵理子ののどチンコに触れるのがはっきりと分かった。

恵理子は頬を真っ赤に染め恥かしそうに”んぐ、んぐ”と俺のペニスを吸いたてていた。

射精は一気に訪れた。
俺の射精が間近であると感じ取ったのだろう。

恵理子は鼻で甲高く泣きながら激しく顔を前後に振りながら俺の腰に両手を回し強く引き付けてきた。

”うおーーーっお母さんで、で、出るーーーーーっ”
俺はそう叫ぶと恵理子の喉の奥にありったけの精液を撃ち放った。

”ん、ん、んっーーーーーーん”
恵理子は一瞬目をかっと見開き、絶叫するかのような泣き声をあげるといたがすぐうっとりとした表情になり、俺の精液を喉を鳴らして飲み干していた。

こうして俺と恵理子は禁断の扉を開けてしまったのだが、先日とうとう恵理子とセックスをし、未だ生理のある恵理子の膣の奥深く夥しい量の精液をどくどく放出していた。