【胸キュンエロ体験】遠距離恋愛中の彼氏がいるのに憧れの先輩と浮気

働き初めて一年になる彼氏持ちのOLです

最近ようやく会社にも慣れてきて
同僚の人と普通に話せるようになったり
仕事も楽しいと思えるようになりました

会社にはよく面倒をみてくれる男の先輩がいます。

私は彼氏もいるので、
先輩に恋心はありませんでしが

後輩をよく面倒みてくれる優しい先輩なので
あこがれの気持ちがありました。

私はいつも2階の事務所にいます。
2階には私を含めて、計5人

いつも3人は営業に行ったりしているので、
実際は2人しかいません

先輩の席は1階にあるのですが、
ちょくちょく2階に上がってきては
後輩の私のことを気遣ってくれました。

ある日、いつもいる隣の席の男性も
営業に出て行って、私一人だけでした

いつものように先輩があがってきて、

「今日は一人なんだ」と話し掛けてきてくれました。

「そうなんです。営業に行っちゃって。
でもたまには一人もいいかなー」

みたいな感じで世間話を話していました

そのとき私は憧れの先輩と二人きりで
内心すごくドキドキしていました

話始めて、なぜか私の彼氏の話になりました。

私の彼氏は転勤で大阪にいるの
ですが(私は東京)約2年くらは帰ってこれなく、
遠距離恋愛になっています

「彼氏と会えなくて、さみしくないの?」

と聞いてきました

「あんまりあえなくて、さみしいけど、
我慢するしかないですしね」

と明るく返しました。
そしたら先輩が立ち上がって、座っている私を後ろから抱きしめてきました。
びっくりして、声も出ませんでした。

「いつもそうやって笑顔でいるけど、
本当はすごくさみしいんでしょ?」

と耳元で言ってきました。

私は何も言葉が出なく、固まっていました。
すると先輩はそう言うと手を離し、

「ごめんね。なんか、抱きしめてくなって。
ごめん。彼氏いるのに迷惑だよね!」

といつもの先輩の調子で言ってきました

「いや、そんなことないです。
全然平気です。気にしないでください!」

と私

「今度ごはんでもご馳走するよ。
お詫びに・・。変なことしないからさ」

その日は普通に終わり、
翌日に先輩とご飯を食べに行きました。窓際のテーブル
に着くと、ちょっとした個室になっていました。お互いお酒を飲み、会社でのグチや
悩みなどを話していました。

いい感じにお酒もまわってきて、先輩がトイレに行くと言って席を立ちました。
私はもともとお酒が強いほうではないので、うとうとしてしまいました。
気が付くと、先輩が席に戻ってきて私を見ています。

「ごめんなさい、つい」というと、
「いいよ、眠たかったら寝て。隣にいてあげるから」
と先輩が手をにぎってきました。

「手、握るのいや?」っと聞かれたけど、彼氏のことがちらついて・・・
「いやじゃないですけど。。。。」というと、
「送っていくよ」と席を立ちました。

私の家はその店からすぐのところです。先輩は私の家までくると、
「今日は楽しかった。また月曜に」と言いました。

私はなんだか急にさみしくなって、
「お茶でも飲みませんか?コーヒーでもいれます」と言ってしまいました。

彼氏以外の男の人を部屋にいれるなんて。自分で自分の言葉におどろきました。
ちょっと前の私ならありえないこと。
先輩は「いや、女の子の一人暮らしの部屋には入れないよ。」
と言うと近づいてきて、「今日は楽しかった。」と言って微笑んでくれました。
なんだか、すごくはずかしいことをしたようで、先輩にさよならも言えなかったです。

それから数日がたちました。先輩とは何事もなかったかのようにすごしていました。
ある土曜日に私はいつもどおり、仕事をしていました。
月に1度、土曜日出勤があるのですが、2階メンバーは一人だけ出勤する決まりが
あるのです。

先輩が2階に上がってきて、
「あれ、今日は君の日なんだ。俺も今日、当番なんだ。」
というと、隣の席に座ってきました。すると先輩はまじめな顔になり、
「君の日だってわかってたから、俺も今日出勤してきたんだけどね」
「え?」と言った瞬間に椅子から立ち、後ろから抱きしめられました。

「君のこと、ずっと好きだったんだ。ずっとこうして抱きしめたかったんだ」
私はドキドキして、何も言葉が出ませんでした。 先輩の指が私の唇をなぞってきま
した。と同時に、顔を持ち上げられキスをされました。

彼氏とはちがうキス・・・。熱い熱いキスでした。
私の体を椅子ごと先輩と向き合うように移動しました。
「彼氏いるのわかってる。でも、俺の気持ちもわかってくれ。」
と言うと、首や耳にキスをしてきました。

私はすごく感じてしまい、息があらくなってきました。先輩にはばれないように
ずっと我慢していました。先輩の手が私の制服の中に入ってきます。
「ブラ、とってもいい?」
「先輩・・・」と私が返事を出すまえに、先輩はフックをはずしました。

先輩の手は私の胸をやさしくもんできます。
もうすごく乳首が立っているのがわかり、恥ずかしくなってきました。
「先輩、だめです。。」といったけど、乳首をこりこりされました。

そのとき、とうとう「あん」とびくっと体が動いてしまいました。
「かわいいよ・・・。」というと制服の前のボタンをはずされ、
ブラを上にもちあげ、胸が出てしまいました。

「先輩、だめです。会社で。。。」
「静かにしててね。」というと、乳首を舐め始めました。
私は、感じやすいのもありますが、会社で先輩とこんなことをしてると思うと、
すごく感じやすくなっていました。

先輩の頭を手でだきしめて、「先輩。。あんっ。」と大きな声がでないよう、先輩の
耳元で言いました。先輩も興奮して、スーツのズボンからでも勃っているのがわ
かります。

先輩の手が私のスカートの中に入ってきます。
私のあそこはすでにぐしょぐしょで、パンツが濡れているのもわかっていました。
「先輩、だめです。。。」と先輩の腕をつかみました。
先輩は乳首を思いっきり、吸ったり舐めたりしてきました。思わず私は手を離し、
先輩の首を抱きしめてしまいます。

スカートの中の手は私のパンツの濡れた部分に触れました。
「すごく濡れてる・・・。」
というと、キスをしてパンツの間からクリを触ってきました。

「ああん」と私の体はびくっとなりました。
「そんなに大きな声だすと、誰かきちゃうよ。」
というと私を持ち上げて会議室に連れて行きました。

先輩は机の上に私を座らせて、パンツを下ろします。
「はずかしいです。先輩だめです。」と足を閉じました。
「ここなら誰もこないから。」と足をひらき、クリをなめてきました。
先輩が私のクリを舐めていて、ここが会社だと思うと、すごくすごく感じてしまい、
声を抑えることができませんでした。

「これ口にくわえてて」と先輩がハンカチを私の口に入れてきました。
先輩はまた私のあそこを舐めてきます。ハンカチを口にくわえながら、というのも
すごく興奮しました。

「んんっ。んっ。」
先輩の指が私の中に入ってきて、動かされます。
くちゅくちゅと音がたっていて、はずかしい感じ・・・・。
「すごい濡れてる。感じやすいんだね。」
といいながら首を舐めてきて。。指も一本から二本になっていて。。。
もういきそうでした。気持ちよすぎて涙がでるくらいでした。

「まだいっちゃだめだよ。君の顔をもう少し見てたいんだ」
というとテーブルの上に寝かせ、私の顔をみながら指でせめてきました。
くちゅくちゅと指が動くにつれて、勝手に足が閉じていってしまいます。

「だめだよ、閉じちゃ。手で足を持ってて」
といって、足をひらかされました。
「すごいエッチな格好だね。もうクリもこんなに大きくなってるよ。」
とクリを攻めて来ます。

「ああんっ。んっ。」と私があえでいると、
「俺のも気持ちよくして」と、ズボンをぬぎました。先輩のは長さは普通でしたが、
とにかく太かったように思います。私を起こして、椅子に座らせました。

先輩はテーブルに座り、私の目の前に先輩のアレがあります。
先輩は私の口からハンカチをとると、頭をアレに誘導しました。
「舐めて・・・」
私はさきちょをぺロっとなめました。しるが垂れているのがわかりました。

「気持ちいいよ・・・」といわれると、私も舐めたくてしょうがなくなり、テクニックなど
考えずに、おもいっきり先輩のを舐めました。やっぱり太かった・・・。
先輩の顔をたまにみながら、「気持ちいいですか?」と意地悪しました。

「もうがまんできないよ。」といい、先輩は私をテーブルに乗せ69をしました。
部屋に私のあそこが、くちゅくちゅと音をたててるのと、先輩のを私が舐めている
音が響いていました。

そのとき、先輩が「だめだ、いく」と言って、私の口のなかでどくどくと出しました。
びっくりしたけど、全部飲んでしまいました。
「ごめん、でちゃった。」というと、ハンカチをさしだしました。
私はハンカチで口をふくと、「先輩の、のんじゃいました・・・」
「えっ。飲んだの?ごめん。でもすごくうれしいよ」というと抱きしめてきます。

今度はテーブルの上に私を寝かせ、再びクリを舐めてきました。私はまだイって
なかったので、ものすごい快感が襲ってきます。先輩の指が私の中の1番気持ち
いい部分を攻めてきました。

「先輩っそこっだめっ。」というと、
「ここが気持ちいいんだね。。もっと感じさせてあげるから。」
というとずぶずぶと音を立てて、入れたりだしたりを繰り返していました。
「先輩気持ちいいです。ああん。」とあえいでしまいました。

先輩が指を私の口の中に入れてきます。
「声だすと、みんなにばれちゃうよ。」といって、またクリをいじってきました。
「いれてもいい?」と先輩がいってきました。
先輩のは、さっき出したのに、もう立っています。

でも私もほしかったので、「はい。」といいました。
今思えば、ゴムもつけてませんでした。でもそのときはとにかく欲しかった。
先輩のが私の中に入ってきます。
「ああんっ。先輩っ。」「すごくあったかい。締め付けられる。」
先輩はそういうと、腰をおもいっきり突いてきました。

先輩は一回二回とおもいっきり奥まで突いてきました。
そしてそれがじょじょに速くなっていき、先輩の動きにあわせて私の声も
「あんっ。あんっ。」と出てしまいました。もう声のことも、ここがテーブルの上で、
ギシギシいってることも頭にありませんでした。

「先輩、いっちゃう。いっちゃう。」と先輩をぎゅっと抱きしめました。
「俺もいくよ・・」とはげしく突いてきます。
「あんっ!」と私はイってしまいました。
「いったの?」といって、先輩も数回腰をふり、私のおなかの上にだしました。
「最高だったよ。すごくかわいかった。。。」といって、キスをされました。

「俺、君のことずっと好きだったんだ。彼氏がいてもかまわない。」
そういうと、私を抱きしめてきます。何も言えませんでした・・・。
「じゃあ、またね。」といって、1階に戻りました。
部屋で一人になり、先輩のこと、彼氏のこと。頭の中でぐるぐるまわっていました。
もうわけがわからないくらいでした。とりあえず仕事にもどりましたが先輩のあそこ
の感覚が残り、仕事どころではありませんでした。