キャットファイトに参戦するボディビルダーの四十路妻

私の仕事はジムインストラクターです

妻とは大学のボディビル部で知り合い
2才年上の姉さん女房です

私は39才で妻は41才になります

妻はボディビルの他にエアロビクスもやっていましたが
今はボディビルがメインになっています

マッチョ夫婦な私達は
自分の筋肉を見せたがりなんですね

 この話は先日です、夏の終わりに起きました。

妻がマニアック風俗の
某ハプニングクラブのキャットファイトイベントで
チャンピオンになってまして、
当日も湘南方面から招待を受けイベントに出場してました。

トーナメント決勝、相手は23才のエアロビクスインストラクター(後で知りましたが産後8ヶ月でした)。

順調にこなし相手のスイムスーツを脱がし全裸にした時に、
確かに妻の体が相手の肉体美に反応した、
それを見逃さず妻の勃起乳首を集中攻撃し、
遂に妻は不覚にも全裸にさせられた

妻が相手に脱がされ全裸になったのは初めてでした。

この辺りから妻の濡れかたが急激になり始めていました。

しかしそこでゴング。
試合は延長に。

体は完全に妻の方がダメージが見えていた

そして延長は相手ペースで進み、
ガマン限界の妻が逃げ出そうと相手を振り払った時に
手が相手のバストを鷲掴み状態になった

 その瞬間、相手のバストから多方面へ勢いよく母乳が吹き出し、妻の顔面をも襲った。
目潰しくらった妻は目をおさえ、リングでもがいた。
その妻の手を払いのけ、爆乳を妻の口に突っ込み、捨て身の指まんが妻の股間を襲った。

 あっという間に妻の口からは母乳がこぼれ落ち、窒息状態の指まんが妻の体を弓反りに追い込んだ。
万事休す、流石の妻も逃げ出せずに無意識でギブアップ。
口から爆乳を外されると同時に昇天する大失態。

 デビュー以来負け知らずの私達は完全に忘れてました、タイトル移動がギブアップ叉はKOの場合、敗れたチャンピオンは新チャンピオンの指名された相手にギャラリーの前で挿入される事を。
指名されたのは、新チャンピオンの旦那さん。
20代の若者、女房のピンチシーンで勃起したという一物は見事に反り返っていました。

 初めて同性に昇天させられた妻は呆然、そのまま彼の一物を受け入れていました。
若者は勢いで突きまくり、妻の締め付けの前に呆気なく生中だしで昇天。
ピクピクと痙攣する2体の筋肉の塊、我に返り一物を抜き出すと、白い液体が妻のバストや割れた腹筋の筋を通って流れてきた。

 既に妻は締められなくなり、一物で穴を開けられた状態、そこからも沢山白い液体が流れ落ちた。
その光景を見て、自分は一物をしごいていた。
新チャンピオンは自分の一物を握りしめしごきだした、あっという間に自分も昇天。
人前で他人に妻が挿入される妄想が現実になった。

シェアする