本気オナニーする息子の嫁にフェラチオさせる義父

定年を迎えて妻と悠々自適な
老後がはじまったのです

金銭的にも余裕がある暮らしで
楽しもうと思っていたんですが・・・

いざ定年を迎えると
定年鬱にかかって落ち込んでしまいました

そんなとき、嬉しいニュースが舞い込んできましt

一人息子が結婚して、
新しい家族ができました

三十歳になった息子の結婚相手は
三十六歳で離婚歴があり

最初家内は反対していましたが、
気立てのよい息子の嫁の真理さを、
私は一目で気に入ったのです

そうは言っても息子の嫁、
ついつい彼女を変な目で見てしまったときなどは
イカン、イカンと自分をたしなめていました

ところがある夜、小便をしにいこうと
息子夫婦の寝室の前を通りかかったとき、
引き戸が少し開いていて

そこから洩れてきた二人の会話を
偶然聞いてしまったのです

「ねえ、あなた、お願いよ。
もう一週間もしていないのよ」

という息子の嫁の真理さんの甘えたような声に対して
息子は、「疲れてるんだ、もう寝かせてくれ」

と答えていました。

むむ、この会話はひょっとして?

と、つい好奇心にそそられて、開いた扉の隙間から、
そっと中を覗き込んでしまったのですすると
そこには、寝ている息子の腰に跨がり、
クネクネと淫らに尻を振るエッチな息子の嫁の姿があったのです

真理さんは、色っぽい透け透けの下着姿で、
息子のパジャマを脱がせようとして
逆夜這いしていましt

ブラジャーからこぼれ落ちそうな、
たわわな胸がユサユサ揺れて、
迫力のある大きな尻が息子の体を
押し潰す勢いで動いていました

ところが、息子はよほど疲れていたらしく
自分の妻を無視していびきをかきはじめてしまったのです

「ああん!いつもこれじゃ、
私、欲求不満になっちゃうわ」

と不満に言いながら、彼女は締めきれない様子で、
なんと、寝ている息子の股間に唇を寄せながら
尻を高く持ち上げて、激しくオナニーを始めたのでした

私は、鼓動が音を立てそうなほど高鳴るのを感じ、
苦しいくらいに息子をひそめて見つめていました

息子の嫁のエロい姿を見つめているうちに、
下半身が激しくうずきはじめてしまったのです

いつの間にか夢中でペニスを握り締めていました。

あわてて便所に駆け込んで自ら手で慰めたのです。